160209ECmoley

SHARE

いつかそんな日が来るんじゃないかとは思っていましたけどね。

160209moley02

英国のMoley Robotics社が2015年にCES Asiaで発表したプロトタイプ「Moley Robotics Smart Kitchen Robot」が、「ちゃんとできてる!」感が半端なくて期待大なのです。

160209moley01

Best of CES Asia Awardsにて「Best of the Best」を受賞。注目度ナンバーワンのマシンです。

160209moley04

「Moley Robotics Smart Kitchen Robot」は、生活の質を示すクオリティ・オブ・ライフに、食生活はかなり重要であるとの考えから、「ヘルシーキッチン」というコンセプトでバランスよい食生活をサポートしてくれます。

160209moley03
160209moley05

ビルトインのタッチパネルを操作して、2,000種類のレシピからメニューを決定。プロトタイプではまだクラブビスク(カニのスープ)が調理できるだけでしたが、今後、iTuneベースでレシピが揃っていくのだとか。

160209moley07

なんといっても、これまでの「ロボットによる調理」のイメージとは一線を画すポイントは、ロボットハンドが人間の手のようになって調理してくれるところ。

160209moley06

24のジョイントと20のモーターで駆動する2本の手。それがミキサーやさまざまな調理器具を巧みに操り、切ったり混ぜたり注いだりと、人間の手作業のように調理してくれるのです。

160209moley09

お料理が苦手な方も、怪我をして調理ができない場合も、ロボットが調理してくれればラクチンでうれしいですよね。

160209moley08
160209moley10
160209moley13

スマホやタブレットなどでもコントロールできるようです。キッチンに新しいライフスタイルが生まれそう……。

160209moley12
160209moley11

「Moley Robotics Smart Kitchen Robot」の動きは、人間が実際に調理しているところを3D撮影して、ロボット制御用のプログラムに変換し、さながら人間が調理するようにして「経験に基づいたプログラム」からレシピが確立されているんです。

160209moley18

人間の腕や手のような動きをするロボットハンドが開発されているなんて、かなりの技術力を感じさせられますね。

160209moley15
160209moley14
160209moley17
160209moley16

CES Asiaでは、実際にスープを調理するところがデモンストレーションされたようです。

動画では、ロボットハンドが器用に動いている様子が観られます。うん、ちゃんとできてる。

2017年から2018年にかけてカスタマーバージョンの発売を計画しているのだとか。価格帯は15,000ドルから72,000ドルの間と割と幅があります。いくつぐらいのレシピが実現できるのか、注目です。

もう、家の中にタブレットやロボットがあたりまえのようにある時代が来ているんですね……。ジーン。

[Moley Robotics]

160209ECmoley

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense