SHARE

お部屋のなかでかくれんぼができそうな、個性的なホテルを見つけました。

というのも、お部屋のなかに、小さな家一軒が、丸ごと収まっているのです。

部屋のなかにあるその小さなお家。備え付けられているたくさんの扉と窓を開けて中をのぞいてみると、その中には木の温かみを感じる木目を基調とした美しい空間が。

このお部屋は、ドイツのベルリンにある Michelberger Hotelの一室となっています。建築家の Sigurd Larsenが新しいお部屋をデザインした結果、このようなユニークで面白い空間が完成しました。

20160209sigurid1

一見平凡な白い壁とクローゼットに見えるこちらの風景。

そこで、扉と窓を開けると。

20160209sigurid2

なかにはキッチン、その他の空間がたくさん隠れているのがわかります。木目と白い壁のコントラストがとてもおしゃれです。

20160209sigurid4

違う扉と窓を開けると、今度は寝室が隠れていました。

20160209sigurid5

たくさんの扉と窓が備えられていて、なかを覗いてみるだけで楽しくなれるお部屋の造りです。まるで探検しているかのような気分。

20160209sigurid6
20160209sgurid7

サウナや広々としたバスタブも、ぜーんぶ扉と窓を開けたその先にあります。

子どもの頃に近所の林を探検した時のような、あのワクワクを思い出せるようなデザインに仕立て上げられています。

ベルリンに滞在する予定ができたら、是非とも泊まってみたい素敵な空間です。

MICHELBERGER HOTEL, ROOM 304 DE  [Sigurd Larsen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense