SHARE

命を守るものなので、しっかりしているのは当然。だからこそ致し方ないのかもしれませんが、チャイルドシートにはとても大きくて重くて扱いづらいイメージがあるかもしれません。

では、この商品はいかがでしょう。

160208ECmifold

昨年、クラウドファンディングで資金調達の目標を達成した話題の超コンパクトチャイルドシート「Mifold」がいよいよプレオーダー受付を開始しています。

160208ECmifold2

これまでのチャイルドシートは、子どもの腰を大人の腰と同じ高さまで上げて固定する形だったため、シートがどうしても厚くなっていました。

でも、この「Mifold」は、子どもの腰の高さのままシートベルトをする設計なので、安全性をキープしながらも、従来のシートよりもコンパクトになりました。

160208ECmifold4

後部座席に3つ並べることができる(※車の種類による)コンパクトさはもちろん、重さも750gと持ち運びもラクラク。子どもたちが自分で持ち運ぶことだってできますね。

使い方は簡単で、座ってシートベルトをかけ、ベルト用のフックにシートベルトを通し、最後にクリップ付きのバンドを背中側から回してシートベルトに引っ掛けるだけ。ベルトが子どものみぞおちや首に当たらず、快適な座り心地なのだとか。

160208ECmifold3

今までは、チャイルドシートは据え置きのイメージがありましたが、これなら必要ないときにはしまっておいたり、友人の車やレンタカーなどチャイルドシートがない車に乗るときに気軽に持って行けます。

対象年齢は4〜12歳。耐久性の高いプラスチックポリマーと航空機に使われるアルミ材でできており、設計、技術、安全性がしっかりと考えられているため、安心して使用できます。

特筆すべきは、汚れてしまったら食洗器(!)で洗えること。食べこぼしなど、何かと汚れるチャイルドシートですが、汚れの悩みを一気に解消してくれます。

コンパクトで安全。取り扱いもしやすいとなれば、日本でもこんな形のチャイルドシートが主流になっていくのかもしれませんね。こちらでプレオーダー受付中です。

mifold[official website]
This Smart Kids Car Seat Solves All Your Annoying Car Seat Problems [fastcompany]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense