SHARE

正解はズバリ!「たわし」です。

たわしと言えば「固くて使いづらい」というイメージがあるかもしれません。

ところが、高田耕造商店が作るこの「高田さんちのドーナッツ」は、とってもやわらかくて、とっても使いやすいのです。

takada_160207_1

その理由は、厳選した棕櫚(シュロ)やサイザルといった天然繊維を使用した「やさしいたわし」として、全て職人さんが手作りしているから。

棕櫚(シュロ)は日本で古くから人々の生活に寄り添ってきた素材で、しなやかでやさしい質感はガラスやテフロンなどのお掃除にはもちろん、入浴時にマッサージブラシとして使うことができるなど多種多様な使い道があります。

実際に触ってみると、今までのたわしのイメージをガラリとひっくり返してくれるほど、本当にやさしくて柔らかいので驚きます。

そんな棕櫚(シュロ)たわしの良さに慣れ親しんで欲しいと、ドーナッツ型にしたのがこの「高田さんちのドーナッツ」。デザインは、チョコ、ホワイト、マーブル、チョコ&ホワイトの4種類あります。

takada_160207_4

takada_160207_2

takada_160207_

takada_160207_3

カフェで頂くドーナッツのように、しっとりと艶やかで、本物のように美味しそうです。

こんなにかわいいドーナッツ型のたわしなら、毎日使うのが楽しくなりそう。

ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。

高田さんちのドーナッツ[高田耕造商店]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense