160205_EC_chocoplate

SHARE

映画『ショコラ』で、主人公がチョコレートづくしのパーティーを開いたシーンで、ステーキにチョコレートをかけていたので度肝を抜かれたのを覚えています。甘いのか苦いのか想像もつかなくて。でもたまらなく美味しそうだったんですよね。

気になって調べてみると、ココアやチョコレートを使ったサラダ、お肉料理って、実は世の中にたくさん存在しているらしい。

もうすぐバレンタインですし、今年はチョコレートのお料理なんていかがでしょうか?

例えば上の写真は、ココア入りのタレを牛ヒレ肉に塗って焼いたオーブン料理。お祝いごとに作りたい贅沢な一皿です。気になるレシピはこちらから。

ほかにもこんなお料理がありましたよ。

160205_chocoplate1

参照:A hint of cocoa and spice

こちらはスパイスのひとつとしてココアを入れた、辛い煮込み料理。チリやシチューを作る時にもココアはよく使われているんです。そういえばカレーにチョコレートを入れと、とってもコクが出ますよね。

160205_chocoplate2

こちらのスパイスをたっぷり使ったチキンはメキシコ料理。メキシコのお祝いの席では、このようにチョコレートを使ったこういった煮込み料理がよく出るそうですよ。

気になるレシピはこちらから。

160205_chocoplate4

参照:mixed greens, oranges, walnuts w cocoa vinaigrette

こちらはサラダドレッシング。オレンジの酸味と香りがカカオのほろ苦さとマッチしています。

作り方は簡単。以下の材料をすべて混ぜればできあがり。

材料

・無糖ココアパウダー(小さじ1)
・オレンジの絞り汁(50cc)
・オレンジの皮(小さじ1)
・粗挽きマスタード(小さじ1)
・粗挽きコショウ(小さじ1/2)
・みじん切りのエシャロット(大さじ1)
・みじん切りのパセリ(大さじ1)
・バルサミコ酢(大さじ2)
・エクストラバージンオリーブオイル(大さじ2)

オレンジの皮を入れるのですが、白いところは苦いので表皮だけを削るようにしてください。ワックスがついている場合は、重曹入りの熱湯にくぐらせて、流水をかけながらブラシでこすると取れますよ。

サラダはベビーリーフやオニオン、くるみ、オレンジなどを入れます。くるみと相性のよいブロッコリーを加えてもいいですね。

160205_chocoplate3

参照:Pavé de boeuf sauce chocolat et vin rouge

こちらは本来はステーキソースですが。マッシュポテトにかけてもとってもおいしかったです。見た目も「バニラアイスクリーム、チョコレートソースがけ」のようでおもしろく。

チョコレートの他に砂糖も更に入れるので、甘すぎるのでは、と思いましたが、ワインの酸味のおかげで甘さが中和され、ほどよく甘酸っぱいソースが出来ました。

材料(ステーキ6人前分)

・バター(40g)
・みじん切りのエシャロット、または玉ねぎ(大さじ1)
・赤ワイン(300cc)
・砂糖(大さじ2)
・チョコレート(40g)

バター40gにオリーブオイル大さじ2を火にかけ、みじん切りにしたエシャロットもしくは玉ねぎ大さじ1を炒めます。

しんなりしたら赤ワイン300ccと砂糖大さじ2を加えて弱火にし、煮詰まってきたら火を止めてチョコレート40gを入れてできあがり。



他にも、ココアとコーヒー入りの肉の漬け込みダレチャツネのレシピもあるみたいですよ。

日本ではあまり見かける事のない、スパイスとしてのチョコレート。

今回チョコレート料理に挑戦してみて、身近に感じていたチョコレートの違う一面を見たようで、ますます好きになりました。みなさんもぜひお試しあれ!

Fig-Cocoa Glazed Beef Tenderloin[California Figs]
A hint of cocoa and spice[Adventuress Heart]
Spicy Chicken in a Chocolate Pasilla Sauce[The Daily Meal]
mixed greens, oranges, walnuts w cocoa vinaigrette[savory]
Pavé de boeuf sauce chocolat et vin rouge[750g Recettes de Cuisine]

160205_EC_chocoplate

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense