田園風景が美しい兵庫県三田市の集落地帯に建つ農家。築15年の母屋と築70年越えの納屋、土蔵、離れからなる伝統的な家屋配置です。ここに住むのは50代の女性、20代の娘さん、80代の義母であるおばあさんで、「女性3人で暮らすには部屋数が多く、維持管理が大変」と頭を抱えていたそうです。

そんなお施主さんの悩みをリノベーションで解決した「三田の農家」が、インテリアと建築のプラットフォーム「homify」で紹介されています。手がけたのはEU建築設計

160201_EC_sanda
160201_sanda

母屋はそのままで、離れと納屋のみを改装しました。離れを取り壊すと、北風や雪が母屋に吹き込むし、新たに目隠しの塀が必要になるので、外観のボリュームはそのまま残す必要がありました。そこで、離れは外観を壊さず内装だけに手を加えています。

160201_sanda2
160201_sanda3

中庭側の壁を取り払うことで、大きな広間と縁側スペースを確保。畑仕事の合間に休んだり、収穫物を置いたり、近所の人と談笑したりと、多目的に使える東屋のような空間に生まれ変わりました。

160201_sanda10

納屋は、おばあさんの離れに変身。元もとは2階建てでしたが、母屋とバリアフリーでつながる平屋に減築したことで、明るく風とおしのいい空間になりました。

160201_sanda8
160201_sanda6

離れは畳四畳とフローリング六畳からなっています。間接照明を挟んだ光天井の優しい明かりがきれいです。

160201_sanda7
160201_sanda9

畳とフローリングはフラットにつながっているので、バリアフリーもカンペキ。おばあさんも納得の笑顔!

160201_sanda5

古くからある要素と新しい要素をうまく調和させれば、原風景を守りながら望みの暮らしができるんですね。

田舎暮らしをされる方はぜひとも参考にしてみてください!

三田の農家 [homify]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense