この丸いオブジェは何だろう? ひとめ見ただけではシンプルなリングが印象的なオブジェにしか見えません。

でも、実はこれ時計なんです。リングの真ん中に指を指せば時間が浮かび上がってくるちょっと変わった仕組み。

この時計「Shadowplay」は、デザイン事務所breadedEscalopeによって製作されました。名前の通り、影で遊ぶように時間を映し出してくれます。

20160121shadow3

柔らかい明かりを放つこの時計。ランプの中心に指を差し入れると、指の影がそのまま時計として時刻を表します。ぼんやりと映る様子は幻想的で、見ていてなんだか不思議な気持ちになります。

20160121shadow1
20160121shadow2

暗い場所だと、影がよく伸びて時刻を大きく表します。場所や時間によって見え方が変わるのもおもしろいところ。

また、そのままランプとして使っても美しく、おしゃれなインテリアになりますよね。

直径は73cmと、わりと大きめな「Shadowplay」。時間の表し方や時計のあり方そのものが、すごくクリエイティブです。こんな風に時計をつくることもできるのかと驚かされました。

家にあったら、遊んでしまいそうな時計。時間を知る行為を遊びにかえるユニークなアイテムでした。

Shadowplay [breadedEscalope]

Photographed by Paul Gasser

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense