SHARE

お部屋に置きたいすてきなトレイを発見しました。ユニークで洗練されたデザインの〈TExTURE TRaY〉は、キッチンでもリビングでも大活躍しそうです。

デザイナーのFrederik RoijéさんがデザインしたTExTURE TRaY。コーティングされたスチールワイヤーでできていて、斜線のシンプルなパターンデザインで形成されています。

ひとつひとつの斜線のパターンとトレイのサイズが異なるため、それらを重ね合わせることで”網目”が完成します。2つ以上重ねると、新たなトレイの模様が生まれるんです。美しいだけでなく、下にものが落ちるのを防げる安定したデザインが、組み合わせによって生まれます。

20160120tray1

組み合わせのパターンは、トレイの大きさによって変わるのがユニークなところ。大きいトレイに小さいトレイを組み合わせると、網目はさらに細かく。

トレイに乗せるものも、網目の大きさを考えてうまくカスタマイズする必要があります。上の画像のように、りんごだったら大きめの網目で大丈夫ですし、ぶどうのような小粒の場合には細かい網目をつくらなければなりません。

20160120tray3

トレイの模様や置くものは、まさに使う人それぞれ。使う人の個性がそのまま現れる美しいアイテムです。

ちなみに、現在〈TExTURE TRaY〉はFrederik Roijéさんのホームページで販売されており、世界中に商品発送をしているとのこと。価格はトレイの色とサイズによって異なり、送料も配送先によって変わってくるようです。

詳しくはこちらをご覧ください。

TExTURE TRaY

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense