1019_main_yamaimo_top

SHARE

冬に旬を迎える野菜のひとつが「山芋」です。山芋を使ったとろろご飯が好物という方も多いのではないでしょうか? 山芋は、消化に優れたスタミナ食材であり、体調を壊しやすいこの時期は特に積極的に取り入れたい素材です。

ただ、じゃがいもやキャベツのような野菜と違い、アレンジがワンパターンになることも……。そこで、簡単だけれども今までにない「山芋のおいしさ」を味わえるレシピを伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフに伝授してもらいました!

山芋は、「長芋」「大和芋」「伊勢芋」「つくね芋」などたくさんの種類がありますが、おいしい山芋の選び方は……。

・ヒゲがたくさん生えているもの
・皮が肌色に近くてツヤがあるもの
・カットされているものは、切り口の色が白く、なるべく乾いていないもの

こういった山芋を選ぶといよいのだそうです。山芋は、じゃがいもやサツマイモと違い生で食べるので、特に新鮮なものを選びたいですね。

3ステップで簡単!「山芋の浅漬け」

1019_yamaimo_01

最初は、「切る、焼く、浸ける」の3ステップで完成する簡単なレシピをご紹介します。長芋は、焼くことで香ばしさと小気味よい食感が生まれるので、ホックリした長芋が好きな人は火入れを軽めに、サックリした長芋が好きな人はしっかりと焦げ目をつけましょう。ホックリもサックリも好きだという人は、外側がしんなりと透明になり、内側が白く残っている状態で取り出してみましょう。

材料

・長芋(お好みの量)
・サラダ油(適量)
・ゆず皮(細切りを適量)
・酢、しょうゆ(各大さじ5)

1019yamaimo_a

作り方

1.長芋の皮をむき、1~1.5cm厚の半月切りにする。

1019_yamaimo_03

2.フライパンにサラダ油を引き、熱しきらないうちに1を並べて弱火で焼く。焼き色が付いたらひっくり返し、好みの焼き加減で火を止める。

foodie_yamaimo

3.ゆず皮、酢、しょうゆを保存容器に入れて混ぜ、(2)をひたす。ひたしてすぐに食べても、少し時間をおいて味を染み込ませてもおいしいですよ。

自分好みの焼き加減で食感を楽しんで、長芋をおいしく頂きましょう。
さて、次は「とろろ茶碗蒸し」の作り方を紹介します。

おもてなしにもピッタリな「とろろ茶碗蒸し」

粘り気の強い大和芋のとろろを使用した茶碗蒸しです。こちらのレシピは、卵も蒸し器も使わずに作れるので、とっても手軽です。大和芋は蒸すと、食感がもっちりフワフワになって、食べ応え十分! 珍しいメニューですので、おもてなしにもおすすめです。

1019_ yamaimo

材料(2人分)

・大和芋(お好みの量)
・しめじ、えのき、しいたけ(お好みの量 ※しめじとえのきは小房に分け、しいたけは薄切りにする)
・サラダ油(適量)
・酒、しょうゆ、水(各大さじ1)
・白だし(濃縮タイプ)(小さじ2)
・ゆず皮(適量)

作り方

1.フライパンにサラダ油を入れて熱し、しめじ、えのき、しいたけを入れて強火で炒める。

1019_yamaimo_07

2.しょうゆ、酒、白だし、水を1に加えて、弱火で味を含ませるように炒める。火が通ってしんなりとしたらフタ付きの茶碗蒸し容器に入れる。

1019_yamaimo_09

3.大和芋を皮付きのまますりおろし、2の上にのせる。お好みで上にゆず皮を添える。

4.器の底が2~3cm位つかるくらいのお湯を鍋で沸かし、沸騰したら器を入れて茶碗蒸し容器にフタをする。7~8分蒸したら完成。

ふわふわモチモチの大和芋の食感をぜひ楽しんでください。他にも、長芋の使い方のコツを鈴木理繪シェフに教えて貰いました。
続きはこちらから。

体にやさしく、おもてなしにも! シェフが教える山芋の簡単レシピ [FOODIE]

1019_main_yamaimo_top

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense