2階以上のフロアがある建物には、上階へあがるために「階段」がある。でも、階段はただの動線にあらず。魅力的な空間として存在しうるのです。

国内外の住まいのアイデアが公開されている「homify」からご紹介します。

160118ECstair2

幅の違う階段が並んで存在しています。階段に座って本を読んだり、演奏のステージにしたり、客席にだってなりそうです。階段下はシェルフになっていて、スペースが有効活用されています。

160118ECstair3

階段には見えない、美しいアーチ形の手すりがエレガント。木の優しい色が彫刻のようで、部屋を個性的にしてくれています。

160118ECstair1

階段自体のデザインはシンプルですが、色とりどりな壁のタイルと調和して、軽やかでユニークな印象です。

160118ECstair4

横幅にゆとりがある階段。踊り場がちょっとしたお部屋になっていますね。階段の手すりと蹴上げはガラスで、窓からの自然光を存分に取り込みます。

160118ECstair5

コンクリート打ち放しの壁に黒いボックス階段が、まるでモノクロの世界みたい。浮遊した彫刻のような、階段には見えないモダン空間です。

160118ECstair6

無骨なコンクリートの階段に白い手すり、そしてテニスコートのネットのようなグリーンの細い紐がアクセントとして効いています。

160118ECstair7

大好きな本を座って読むためにつくられたような階段。まるで学校の図書館にいるような雰囲気を味わうことができそうです。

160118ECstair8

途中からデザインも大きさも変わる階段。上から下まで同じ材料、同じデザインでつくる必要はないんですね。

160118ECstair9

まるで宙に浮く照明に見える階段。バラバラの開口部と相まって、シンプルでありながら独特な空間が広がっています。

160118ECstair10

空へ続く階段。大きな窓に向かって上っていく階段は、開放感バッチリ。

160118ECstair

木漏れ日のような光が降り注ぐ階段。段差の隙間から差し込む光の線が美しいですね。

「階段」とひとことで言っても、シンプルで機能的なものから、階段自体が空間を形づくる存在感のあるものまで、さまざまなんですね。

もっといろいろな階段のアイデアをのぞいてみたい方は、「homify」で探してみてくださいね。

階段 [homify]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense