20160117ECstudio

SHARE

ミニチュアといえば、プラスチックなどで巧妙に形成されたものが一般的ですよね。

そんな常識を覆すミニチュアが誕生しました。なんと素材には、コンクリートが使われているのです。

インドのデザインスタジオ「Material Immaterial」はコンクリートを使い、その素材の美しさを活かして近代における空間のあり方や定義を模索したそうです。その結果、これらの可愛らしいミニチュア作品「SPACES」が作り上げられました。

20160117studio1

ひとつひとつのミニチュアは「スペースの中身は一体どんな風になっているのだろう?」と、想像力をかきたてるデザインとなっています。

また「SPACES」が机の上にあることで、人々がそれぞれのピースに対してストーリーを思い描き、想像力を高めるという役割が期待されているとのこと。全体を俯瞰したり、ひとつのピースをじっくりと眺めたりして、ゆっくりと鑑賞できるミニチュアとなっています。

20160117studio2
20160117studio3

多くのミニチュアは、20世紀において最も影響力を持ったコンクリートの建築にインスパイアされました。

安藤忠雄さんの”Church of the Light”や、 Frank Lloyd Wrightの”Falling water”など、インスパイアを受けた具体的な建築のの名前も公表されています。

20160117studio4
20160117studio5

コンクリートという珍しいマテリアルで作り上げられたミニチュア。そのコンクリート独特のフォルムの美しさに、思わず見とれてしまいますよね。

全部のミニチュアが見覚えのある形やデザインだという建築に詳しい方は、倍楽しめるかも?

購入はこちらからどうぞ!

SPACES [Material Immaterial]
Material Immaterial studio製品購入[tadpolestore]

20160117ECstudio

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense