SHARE

「キャンプはやっぱり夏がいい。だって寒いのは嫌だもの。」

そんな当たり前が、この画期的なストーブによって覆されるかもしれません。〈Frontier Plus〉はポータブル式の薪ストーブ。これならどこにでも気軽に持ち運ぶことができて、外で簡単に組み立てることができるのです。

20160116stove1

ストーブの脚の長さが自由に調節できる〈Frontier Plus〉。場所に合わせて臨機応変に対応できるのがいいですよね。キャンプの際にテントの中で使えるのはもちろんのこと、小さなお家の中でも大活躍。

20160116stove2

あらゆる空間にさり気なく収まるのも嬉しいところ。テントの中に設置すれば、煙突を備えたように建てられます。しかも薪ストーブですので、薪が必要という点に置いてもアウトドアにぴったり。自分で集めた薪でストーブに火を灯した瞬間、いつもよりストーブの暖かさにありがたみを感じられそうです。

20160116stove3

またストーブの熱を利用して、その上でクッキングができるのも〈Frontier Plus〉の特徴。テントの中で朝お湯を沸かしてコーヒーを淹れることもできますし、調理道具があれば食事をつくることも簡単です。

キャンプなのに暖かさを感じられるという発想がとてもおもしろいこちら。冬だけでなく、秋の肌寒い夜にもぴったりのアウトドアツールです。ちなみに現在は、プレオーダーを受付中だそうで、お値段は299ポンドになるとのこと。

これがあれば寒い季節のアウトドアを今まで以上に楽しめるようになりそう。

Frontier Plus[ANEVAY]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense