tarueyecatch

SHARE

家族の誕生日や友人の結婚式、両親の還暦や、おじいちゃん、おばあちゃんの長寿祝いなど、意外とたくさんあるお祝い事。そんなときには、みんなで鏡開きをやってみてはいかがですか?

鏡開きとは日本古来の風習で、日本酒を入れた樽のふたを木槌で割って、みんなにお酒をふるまうことを言います。(ちなみに、お正月の鏡餅を割ることも、同じく鏡開きと言います)

今でも結婚式や会社の行事で使われることがあるので、見たことがある人も多いのではないでしょうか? でも、自分で樽や木槌を用意するのはちょっと大変そう……。

160114_kagami02

そんな鏡開きを手軽に、そして何度もできるのが、こちらのミニ鏡開きセット。両手にのるサイズの小さな菰樽(こもだる)とふたを割る木槌、お酒をすくう柄杓(ひしゃく)、そして枡がセットになっています。

ふたはマグネット式であらかじめ割れているので、もう一度くっつければ何度でも楽しめます。

こちらのミニ鏡開きセットは、〈岸本吉二商店〉という明治から続く会社によって生産されており、現在の菰樽はほとんどこちらの会社で生産されています。

そんな伝統ある会社の鏡開きセットですが、特筆すべきはさまざまなデザイナーやクリエイターとコラボレーションしているため、「いかにも日本!」というデザイン以外にも、斬新でスタイリッシュなものが多く揃っています。では、一部のデザインをご紹介!

160114_kagami09

160114_kagami06

こちらは、桜をモチーフにした春らしい樽。よくみると中の寿の文字は「HAPPY」という文字で形成されています。

160114_kagami07

子どものあこがれ、カブトムシがモチーフの樽も! 夏生まれの子のお誕生日パーティーで使うと喜ばれそうですね。

160114_kagami05

こちらは雪の結晶をモチーフにした樽。鮮やかな赤がめでたい雰囲気を醸し出しています。

160114_kagami04
160114_kagami03

こちらは「パーティーキング」という柄。パーティーをイメージした柄ですが、よくみると顔になっていますね。

お酒が苦手な人は、中にお菓子を入れてもいいかも。

160114_kagami08

ちなみに日の丸の樽もありますよ。お正月にぴったりですね。サイズも小さすぎないため、チープじゃなくてしっくりきます。全部で15種類の樽があるので、きっとそのお祝い事に合う樽が見つかるのではないでしょうか。

ミニ鏡開きセット[REAL JAPAN PROJECT]
ミニ鏡開きセット[セレクトショップ AQUA]

tarueyecatch

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense