SHARE

家型の屋根に、家型の窓。

なにやらちょっと変わっていますが、モダンな家。実は外観だけでなく、家の中も、ちょっと気になる構造になっているようです。

国内外の建築や家のアイデアが集まる「homify」から、今回は「通路と隙間」が主役の家をご紹介します。

160113roomie_ie

まるでブロックでつくったようなおうちは、木々や母屋と向かい合って建っています。広いように見えて、限られた敷地。ここに、家族3人+2人(予定)のための家をつくります。

設計は、飯島洋省ANDHAND建築設計事務所によるもの。

160113ECturo1

玄関を開けると、ダイニングキッチンへフラットにつながっています。

160113ECturo3

玄関から続く堀の空間。イスにも通路にもなる段差が、ゆるやかにスペースを区切っています。

これが、気配がゆるやかに伝わる、家族の関係性をつくっているんですね。

160113roomie_ie2

キッチンを中心に、3つのスペースが緩やかにつながっています。

160113ECturo5

2階の廊下には、イスと机で書斎をつくりました。スペースの有効活用だし、勉強も、座ってホッと一息もできます。

160113roomie_ie3

ダイニングの上には、こどもスペースが浮かんでいます。敢えて「隙間」をつくることで2階から1階をのぞけるんです。

キッチンを中心に、個々の部屋というより通路を介して、家全体がつながっているようなイメージの家。

分断しないこと。きっちり詰めてしまわないこと。この家の自由空間をつくる「通路と隙間」なのでした。

オカノいえ [homify]
オカノいえ[飯島洋省アンドハンド建築設計事務所]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense