SHARE

地球にやさしく、どんな環境にでも適応してしまう、この次世代型エコポッドがあれば、あなたのキャンプ体験が劇的に変わります。

20160111_ecocap_07

つるんとした卵形がかわいい「Ecocapsules(エコカプセル)」は、スロバキアのデザイン会社Nice Architectsによって生み出されました。こんなに小さいのに、一年間どんな人里離れた場所に住んだとしても、ふたり分の快適なベッドと水、そして暖かな食事を楽しめるシステムが備わっています。

20160111_ecocap_08

2.6平米のソーラーパネルと750wの引込式風力発電装置でエネルギーを生成します。また、雨水を溜め、ろ過して飲むことができるようにするフィルターシステムもついています。

20160111_ecocap_05

20160111_ecocap_09

室内には、トイレ、シャワールーム、ダイニングルーム兼ワークルームなどを完備しています。

20160111_ecocap_02

こちらはキッチンで、可愛らしい小さめのサイズ。

移動する際は、単純に車で牽引することができます。デザイナーの皆さんによると、複数の動物を使って引っぱって運ぶことも可能だそう。

トラックや船などを使って運ぶこともできます。

20160111_ecocap_10

どこでも居住可能なので、ビルの上に置いて、もしものときの仮眠室にすることも可能でしょう。

このエコカプセル、この一月から50台が先行発売されています。一台、79.900ユーロ(日本円で約1000万円)。この50台に限って、なんと買い手の要望にこたえて、いろいろカスタマイズしてくれるそう!(※ただし、日本はその対象国ではありません)

といってもご心配なく。この最初の50台が販売完了したのち、もうちょっとお手ごろ価格になって市場に参入する予定。300ユーロを手付金としてお支払いすれば、お手ごろ価格になったエコカプセルが近い将来、確実に手に入ります。

これさえあれば、どんな場所でも快適なおうちになりますね。

Ecocapsules
EcocapsulesのInstagram
Ecocapsules: off-the-grid pods could change camping foreverTelegraph

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense