George's Home by Linda Braucht, computer graphics

SHARE

みなさん、あけましておめでとうございます。昨年はご愛読いただきありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

新年の挨拶はさておき。ご好評いただいた、年末の「買ってよかったシリーズ」に続き、今度は「2016年、ルーミー編集部員が絶対に買いたいモノ」をご紹介したいと思います。

どれもオンラインでの購入が可能(日本語対応)なので、新年のお買い物の参考にご覧ください。

ではさっそく紹介にうつりましょう!


「TOSHIBAの防水充電ラジオ、TY-JR50」by 編集長・中島

151224_TY-JR50

2016年はもっとゆっくりバスタイムを楽しみたいので、お風呂でも使える防水ラジオがほしいです。角ばったデザインと少し昭和ちっくなカラーバリエーション(黄・赤・黒)が特徴。レビューを見ていると音質もよさそう。手回し充電、ライト、携帯充電など、多機能なので防災グッズにもなります。すでに生産中止になっているようで、手に入りにくくなっています。急いで買わないと…。(中島)

購入はアマゾン楽天から。


「Parrot®のZik 2.0」by 副編集長・花﨑

parrot

高めのプライスですが、「絶対に長く使う!」を言い訳に買いたい一品。これ付けて自宅で海外サッカー観戦したいんです。これさえあれば、寝ている家族に気を遣うことなく思う存分サッカー観戦を楽しめるはず。デザインは、建築やプロダクトデザインを手がける世界的なデザイナーのフィリップ・スタルク。外出時はあまり使うイメージがないので、見た目を気にする必要はありませんが、おしゃれなデザインに惹かれます。どうやら、Zik 3.0のパイロット版も発表されたようで、その発売を待つか、我慢しきれず2.0にするか。う〜ん、悩んでる時がいちばん楽しいのは気のせいでしょうか。(花﨑)

購入はこちらから。


「soilの珪藻土バスマットライト」by 編集部・緑川

151222_roomie_soil_mido

現在、理想の家さがし中の私。ずばり、今年は引越しをしたいです。家具を揃えたり、家電を買ったり……楽しみですが、掃除や衛生についてはちょっと心配。わりと潔癖なので、新しい家はいつも清潔にキープしたいものです。特に水回り。でも、日々働く中でどこまでできるかな……?前々から気になっていた「soil」なら、バスマットが衛生的にキープできる上に、水気の乾きがめちゃ早い! と聞きました。これは絶対に買いでは。(緑川)

購入はこちらから。


「TEACのW-890RMKII」by 編集部・照沼

w-890rmkii-s_p_front

画像はTEACのW-890RMKII。これじゃなくても構いませんが、新品で買えるのはこれくらいでしょうか。今は2008年頃に3000円くらいで買ったポータブルプレイヤーで聴いていて、やはり音楽はスピーカーで聴きたい!ということでそろそろ買おうと思います。ラジカセも視野に入れて、年始は中目黒のWaltzに探しに行こうかな。(照沼)

購入はこちらから。


「サンワサプライのPRJ-5」by 編集部・飯塚

PRJ-5_MXX

僕、夜にベッドで映画観ながらそのまま寝ちゃうのが大好きなんです。ただ普段はラップトップで観ているので、必然的に頭と体は横向きに。朝起きて、イタタ…なんてこともしばしば。そこで小型プロジェクターの登場なんですよ。ほんと、僕のために開発されたとしか思えません。最高。え? どうやって使うか? この使い方を思いついた僕自身も結構天才だと思うんですけど、天井をスクリーンにしちゃうんです。PCやスマホから小型プロジェクターに出力してそのまま天井に映し出せば、体にも負荷なく寝落ちするのも思うがまま。2016年の僕のムービーライフは約束されました。絶対買います。(飯塚)

購入はこちらから。


「金網つじの手編み手付きセラミック付き焼き網(小)」by ライター・稲崎

img151218_top[1]

2015年に起きた一番の変化は、夜型から朝型へ完全シフトしたこと。早いときは4時に起きてすぐに仕事をはじめるのですが、そうすると8時ごろにはお腹もペコペコ。そんな事情もあって、2016年は「朝ごはん」にもっとこだわろうと思っています。朝はパン派なので、おいしいトーストが焼けると噂の「金網つじ」の焼き網が欲しいです。ただし、手編みのほうは注文が殺到しているそうで、お届けには6か月以上かかることもあるとか。ホームページで仮予約ができますよ。(稲崎)

ご予約はこちらから。



以上、ルーミー編集部員が本気で選んだ「2016年、ルーミー編集部員が絶対に買いたいモノ」特集でした。気になるアイテムはありましたか?

今回取り上げたモノはすべてオンライン(日本語対応)で入手可能なので、ぜひお試しください。

George's Home by Linda Braucht, computer graphics

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense