160112_roomie_souko3

SHARE

ゆたかな田園風景が広がる場所で、両親・祖父母と暮らしはじめる30代夫婦と男の子2人。そのために、母屋の隣にあった農業用倉庫を解体して、住まいを新築することになりました。

でも、自由につくればよいのではなく、以前とほぼ同じボリュームの家しか建てられない制約と、敷地の南北にある高低差を考えた、コンパクトな家づくりをしなくてはいけませんでした。

そこで、株式会社SEKI.DESIGNが設計したのは、こんな家。国内外のおうちやインテリアのアイデアが満載の「homify」からご紹介します。

160112_roomie_souko2
160108_roomie_souko2

すっきりとシンプルな、真っ白の外観。北側の扉は、若夫婦のメインアプローチです。

160112_roomie_souko4

玄関土間。右手には母屋へ続く蔵戸、奥には若夫婦専用の扉があります。倉戸の扉は、もとからあったものを再利用。味がありますね。

160112_roomie_souko

リビングから見るダイニング。敷地にある700mmの高低差を活かした空間になっています。2つの部屋は、間口幅いっぱいの階段で繋がっていて、広がりがありますね。床材は300mmと幅広の米松。

151224EChomifyseki2
151224EChomifyseki1

ダイニングルームの上は吹き抜けで、リビングルームや2階のベッドルームが一望できるようになっています。

ベッドルームからブリッジをわたると、屋根裏にあるご主人の趣味スペース。いつか、子どもたちの「秘密基地」にしても楽しいかもしれません。

151224EChomifyseki3

ダイニングから見える階段の手摺は、米松の梁材をボルトでつなぎ合わせてつくりました。無垢材のあたたかさと明るさがいいですね。

151224EChomifyseki6

LED照明で床面を照らした、雰囲気のあるリビング。


将来的には母屋へ移るため、子育てを楽しむ期間のみ住まうこの家。だからこそ、間取りにこだわらず、自由で楽しい空間ができています。外観のコンパクトなイメージとは裏腹に、大きく広がりのある空間が印象的ですね。

土地の勾配を上手に活かした、技アリ住宅なのでした。

押部谷の家 コンパクトに楽しく住まう by SEKI.DESIGN [homify]

160112_roomie_souko3

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense