SHARE

外国人にも日本人にも愛される「京都」。言葉も文化も関東圏とはまったく異なり、情緒あふれる街並みに胸がわくわくします。

行きはヨイヨイ、帰りは……と、帰るのに後ろ髪を引かれる方も多いことでしょう。できれば、帰りの新幹線でもその余韻を楽しみたいところ。そこで、旅情を噛み締めながら、京都ならではの味わいと名店の奥ゆかしい料理が詰まったお弁当を紹介します。絶品のお弁当をジェイアール京都伊勢丹お弁当・お惣菜担当バイヤーの藤本敬さんに推薦していただきました。

1年で4万個売れる名実ともに人気ナンバー1の焼肉弁当

1223_kyoto_bento_04

<はつだ>和牛弁当 1,728円(税込)

「ジェイアール京都伊勢丹で年間販売個数1位に輝く『はつだ』の和牛弁当です。京都市は意外にも牛肉への支出額が全国一といわれるほどで、肉へのこだわりが強い方がたくさんいます。和食などは旅行中に味わっていらっしゃると思いますので、帰り道にはちょっと趣向を変えたお弁当がぴったりです」

風味よく焼き付けられ牛肉の薄切りはあっさり味で、焼き目の香ばしさがポイントとなっています。ごはんの上に敷き詰められたキャベツのせん切りと牛肉とのバランスも絶妙です。

予約限定! 祇園の名店の味

1223_kyoto_bento_02

<菱岩>折詰弁当 4,860円(税込)※予約のみ(日曜日および、最終月曜日の販売はなし)

「1830年創業の祇園にある仕出し専門店『菱岩』の折り詰め弁当。バイヤーはもちろん、ジェイアール京都伊勢丹のスタイリストも「格別」という評判の逸品です。仕出しのみのお店なので、実食できる店舗がないという点も非常に貴重。ひとつひとつの総菜の盛りつけの美しさも堪能できます。

脇役に見える 「かぼちゃの煮付け」は非常に絶妙な味付けで、うまみがありつつもすっきりとしています。甘さも塩気もしっかりと感じますが、くどくならない、ほどよいさじ加減。絶品といわれる「だし巻き」も、きちんと出汁のおいしさを感じる仕上がり。ご飯も、どうやって炊いているのか不思議なほどのしっとり感です。格別という言葉通り、どこをどう食べても、印象に残るおいしさがあるお弁当です」


老舗料亭の味を堪能できる限定弁当

1223_kyoto_bento_03

<六盛>丸弁当 1,944円(税込)

「京都岡崎の老舗料亭である『六盛』で人気の『手をけ弁当®』を、店舗以外で食べられるのがこちら。店主の目が届く調理場でつくった料理しか提供したくないと、一店舗主義にこだわり、心のこもった料理を提供してくれます。

実店舗以外では、ジェイアール京都伊勢丹のみの出店で、お弁当もジェイアール京都伊勢丹でしか味わえません。非常に貴重なお弁当です。桶のような珍しい丸型の容器の中には、美しい盛り付けが。そんなところにも細やかな技術が詰まっています。丁寧な仕事に店主の真心が感じられ、実店舗にも訪れてみたくなる味わいです」

いかがですか? 目にも美しいだけでなく、京都らしさが光るお弁当ばかりですね。さて、他にもおすすめのお弁当があるのだそうですが、続きはこちらを見て下さいね!

京都帰りの新幹線で絶対食べたい! バイヤーが選ぶお弁当5選 [FOODIE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense