1223_soup01

SHARE

寒い日が続きますね。体調を崩しやすくなるこんな時期は、あたたかなスープが恋しくなります。生姜のように体の内側から温めてくれる食材の中には、冷えにも負けない意外な「温め食材」があるのだそうです。

そこで「温め食材」を使ったスープのレシピを、伊勢丹新宿店フレッシュマーケットの鈴木シェフに教えてもらいました。

れんこん、ごぼうなどの根菜も「温め食材」

1223_soup02

冷えにくい体をつくる食材といえば、生姜や唐辛子がその筆頭。ほかにも、れんこんやごぼうなどの根菜類は、土の中でエネルギーを蓄えるので、東洋医学では「陽」の食材に分類される「温め食材」なのです。

そんな食材がもつパワーをさらに引き出すため、鈴木シェフが提案してくれたのは、れんこんをベースに生姜、長ねぎ、唐辛子と4つの「温め食材」を組み合わせたスープ。

では早速、つくり方をご紹介します。

『体が芯から温まる生姜とれんこんのすりおろしスープ』

1223_soup03a

材料(2人分)

・れんこん(1節 120gほど)
・生姜(1かけ)
・長ねぎ(小口切り 1/2本分)
・鶏ひき肉(60〜80g)
・牛乳(400cc〜500cc)
・白だし(小さじ2 ※濃縮タイプ)
・オリーブオイル(大さじ2)
・塩、七味唐辛子(お好みで)

作り方

1.れんこんを皮ごとすりおろし、オリーブオイルで炒める

1223_soup_04

鍋に長ねぎの小口切りを入れ、れんこんを皮付きのまますりおろします。皮ごと使うのがポイントです。

直接鍋にすりおろすと簡単。お鍋全体にオリーブオイルを回し入れ、長ねぎの香りが立つまで炒めます。

2.牛乳を加えて煮る

1223_soup051

1のお鍋の中に、牛乳を加えて煮込みます。

「加える牛乳を少なめにして、お好みのチーズをプラスすれば、パスタソースやグラタンソースとしてもアレンジできますよ」

3.ひと煮立ちしたら、鶏団子と白だしを加えて煮込む

1223_soup06

「鶏団子は、きれいなボール状にしなくても大丈夫なので、スプーンですくったものをそのまま鍋に投入しましょう。こうすることで、時間も節約でき、歯触りもおいしくなります。お団子の形を作らずに、あえてポロポロのそぼろ状にしてもいいですね」

体が温まるスープレシピの続きはこちらから。アレンジ方法もお伝えしていますよ。

生姜だけじゃない! 意外な「温め食材」で作るあったかスープのレシピ [FOODIE]

1223_soup01

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense