151223ECtamatsu

SHARE

隣家が密集する大阪市の住宅市街地の、わずか13坪という狭小地。

151223tamatsu01

制限だらけのように思えるこの場所に、できるだけ広く、自然光で明るいリビング・ダイニング・キッチンを実現したい。そんな施主の要望に見事に応えた「玉津の住宅」が、インテリア・建築のプラットフォーム「homify」で紹介されています。

設計はIDO, KENJI ARCHITECTURAL STUDIO

151223tamatsu03
151223tamatsu04

夫婦と2人のお子さんが、もともと暮らしていた土地。生活スタイルを元に、1階を夫婦の部屋とサニタリースペース、2階をリビング・ダイニング・キッチン、3階を子ども部屋として建て替えました。

とにかく広さと明るさを追求するため、柱と耐力壁は室内に出さない! 内装は、白を基調として明るい印象に仕上げました。

151223tamatsu05

特に注目すべきは、3階の構造。

3階のボリュームを、建物の軸に対して14°振ったんです。そうして、建物の外壁との間にできた隙間を……吹き抜けにしました。2階の天井には、左右に細長くも大きめの吹き抜けが。

151223tamatsu09

この吹き抜け部分の天井はトップライトになっていて、壁面の窓では足りない光を、ここから取り入れているというわけなのです。

柱や耐力壁を室内に設けないということは、代わりに外壁全体の耐力を上げなければならず、窓などの開口部を設けることは難しくなります。それを補っているんですね。

151223tamatsu06
151223tamatsu07

吹き抜けは階段スペースになっているのですが、光が階段のステップを通過して、下階にまで届くんです。この「箱型の片持ち階段」の存在が、視覚的に広く、明るい空間を生み出しているところが、ポイント高いですよね。

151223tamatsu08

もはや階段がアート作品のように見えてきます。未来的というかグラフィカルというか……目を引く斬新なデザインです。

151223tamatsu10
151223tamatsu11

14°傾いているのは、3階の床だけでなく、壁もなんです! 壁と床が斜めに交わっているのが分かりますよね。

151223tamatsu14

斜めの壁が複雑に交差して、脳をすごく刺激されそうな感じです。

151223tamatsu15
151223tamatsu12
151223tamatsu13

斜めなスペースを通って屋上に上がると、周囲のほとんどの建物より高い位置に、隠れ家的なバルコニーが。

地上3階と屋上、4つのフロアを存分に使って生活を楽しむことができる、工夫にあふれたすてきハウスなんですね。

151223tamatsu02

狭小地だからこそ、創意工夫を凝らした斬新な発想の構造とデザイン。どうなってるの? と思った方、図面がオリジナルサイトから閲覧できます。

全国の狭小地にお住まいのみなさん、建て替えが必要になった時には、こんな家が実現できるということを思い出してください!

House in Tamatsu(玉津の住宅) by IDO, KENJI ARCHITECTURAL STUDIO [homify]

151223ECtamatsu

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense