マイホームを建てるなら、みなさんはどんな場所に建てたいですか? 便利な住宅街? 海のそば? 山の上? ちなみに僕は、森の中の家を夢見てます。

151223_donkoro2

インテリアと建築のプラットフォーム「homify」で紹介されている「ドンコロの家」は、四方を田園に囲まれた開放的な場所に建っています。設計したのは、神奈川を拠点に活動するシキナミカズヤ建築研究所。一見すると「広々としたおしゃれな家」ですが、実はさまざまな工夫が施されている家なんです!

499平米という広大な敷地に、計5つの庭が散りばめられています。それぞれの部屋は必ずどれかの庭に面しているので、どこにいても自然の息吹が感じられるんです。

これは、犬・猫が自由に動き回れる家にしたいこと、周辺の農作業者からの視線に配慮した設計にすること、この2点の要望から導き出されました。

151223_donkoro3
151223_donkoro6

エントランスを直進すると、そこには壁に囲まれた「見るための庭」が。薄暗い廊下から見ると、そこだけ光が差し込んでいて神々しい感じさえしちゃいます。

151223_donkoro
151223_donkoro4

リビングは芝敷きの庭に繋がっていて、ここは家族が「使う庭」になっています。周囲の農作業者の視線を考慮しつつも、閉塞感を与えないように、庭には木の柵が設けられています。

リビングとダイニングは一続きになっているので、くつろぎながら子どもの様子をうかがえます。

151223_donkoro5
151223_donkoro8
151223_donkoro7

5つの庭には「入れる庭」と「入れない庭」があるそうです。それらが各部屋とうまく繋がることで光と空気が巡り、開放感あふれる家をつくっているんですね。

151223_donkoro9

家族もペットものびのびとできる住空間を生み出す鍵は、庭の取り入れ方にあるようです。

ドンコロの家 [homify]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking