SHARE

ホームパーティ、一度はやってみたいと思っています。

そのためには、部屋をきれいに片付けて、お花を買ってきて、季節感のある飾り付けをして、みんなが喜んでくれるような手の込んだ料理をつくって……。うーん、考えただけで大変そう。

151224_roomie_soupstock5

そこで、行ってきました。一杯のスープが象徴する「ゆたかな食事」を提案するSoup Stock Tokyoが、毎月開いている「おいしい教室」。「おいしいってなに?」を、参加者みんなで考える会なんです。

私がうかがった12月のテーマは「パーティーを楽しむ」でした。

自宅でのパーティ開催にあこがれている私にぴったり、ということで参加させていただき、ホームパーティーのコツを教わってきました。

151224_roomie_soupstock46

本日の先生は、Soup Stock Tokyoのフードプランナー桑折敦子(こおりあつこ)さん。


教わった大きなポイントはふたつです。

ポイント1:料理はできあいのものをうまく活用する

_DSC3833

楽しいホームパーティーのポイントは、ホストも楽しむこと。料理を自分で全部つくろうとせず、できあいのものをうまく活用する時短テクが重要です。その分、テーブルをおもてなし仕様に飾りつける時間も生まれるんです。

料理自体が凝っていなくても、使ってみたかった材料食べてみたかったお取り寄せがあるだけで、十分なおもてなしになるんですね。無理をしなければ、パーティ中自分だけキッチンに立ちっぱなしってこともないし、パーティ後の疲労感もありません。

ポイント2:テーブルは、料理の合間にできる簡単な季節の飾りつけで華やかに

_DSC4028

お部屋の飾りつけは、驚きのアドバイスがありました。パーティ当日の朝には、河原を散歩すること、ローズマリーなどのハーブを自宅で苗から育てること。

散歩は、パーティ準備の気分転換になるし、そこで季節のお花や木の実を持って帰るといいんですって。ハーブは、料理にはもちろんですが、飾り付けにも使えます。


*ホームパーティのポイント 料理編

_DSC4076

今回は、ホームパーティにぴったりな5品をつくりました。この中から、3品のつくり方をご紹介します。

・オマールカプチーノ
・バーニャカウダ
・塩豚と白いんげん豆の煮込み
・4種のチーズピッツァ はちみつ添え
・りんごのSTAUB焼き〜アイスクリーム添え〜


『バーニャカウダ』

151224_roomie_soupstock19

材料

・にんじん
・トレビス
・アスパラ菜
・ブロッコリー
・紅芯大根
・黒大根
・白菜
バーニャカウダソース(曾雌にんにくのバーニャカウダ)

つくり方

1.前から食べてみたかった野菜を用意する。
2.生でよいものは切って盛り付ける。根菜は水から、葉野菜は沸騰したお湯から、さっと茹でてから盛り付ける。

盛り付けのポイントは3つ。「葉野菜を大きめにちぎる」「器の奥側に高さを出す」「濃い色の野菜も用意する」こと。

151224_roomie_soupstock
151224_roomie_soupstock50

私も盛り付けに挑戦。センスが心配……

野菜の色がカラフルで目にあざやか。見慣れない野菜を用意したり、生産者の顔が見える野菜を取り寄せるだけで、食事中の会話が盛り上がります。

今回使用した冷凍のバーニャカウダソースは、温めるだけでOKです。バーニャカウダソースを手づくりするときは、黒にんにくを使うとさらにおいしくなるそうですよ。


『4種のチーズピッツァ はちみつ添え』

151224_roomie_soupstock44

材料

チーズソース(4種チーズのフォンデュソース)
・くるみ
・はちみつ
・こしょう
ピザ生地(ローマ風 角ピッツァクラスト/MCC)

つくり方

1.冷凍ソースを解凍し、冷凍ピザ生地にかける。
2.くるみを散らしたら、オーブンで焼くだけ。
3.食べるときに、はちみつをかける。

151224_roomie_soupstock30
151224_roomie_soupstock31

これも、とてもとても簡単。薄めの生地に濃厚チーズソースがおいしくて、あつあつをぺろりと食べてしまいますよ。


『りんごのSTAUB焼き〜アイスクリーム添え〜』

151224_roomie_soupstock68

材料

・りんご(紅玉)
・シナモンスティック
・バター(10g)
・きび砂糖(大1)
・アイス

つくり方

1.まず、りんごを芯抜きします。りんごをあっという間に芯抜きできるものもあるんですね。
2.シナモンスティックを挿し、バターと砂糖を入れます。
3.20分程度煮て、足りなければさらに火にかけましょう。

_DSC4018
151224_roomie_soupstock45

ポイントは、フタが重くてきちんと閉まるお鍋を使うこと。ここでは、ここでは、STAUBのお鍋が活躍しました。芯を抜くだけで、ほうっておけばできるから楽ちんです。

その他、『塩豚と白いんげん豆の煮込み』のような煮込み料理をメインにすれば、前日に仕込めるので当日はうんと楽ですし、パーティー中に慌てることもありません。

『オマールカプチーノ』は、ウェルカムスープとして、冷凍スープを温めて、ミルクフォーマーでつくった泡を乗せるだけ。冷凍スープはオマール海老のビスクを使用しました。

*ホームパーティのポイント 飾りつけ編

151224_roomie_soupstock25

料理を煮込んでいる間、空いた時間で行う飾りつけのポイントをご紹介します。

今回は、ゲスト用のメニューを手づくりして、季節の草花をテーブルに飾りつけました。はじめに書いたポイントを意識するだけで、華やかなおもてなしのテーブルができあがりますよ。

『ローズマリーのリースと、手描きメニュー』

151224_roomie_soupstock20

材料

・ローズマリー
・麻紐
・木の実など
・紙
・ペン
・マスキングテープ

151224_roomie_soupstock14
151224_roomie_soupstock16
151224_roomie_soupstock61
151224_roomie_soupstock63

完成。マスキングテープをちぎったり、ドライフラワーを散らしました

リースは、ローズマリー1本をくるっと輪にして、リースのように麻紐でリボン結びをしてとめます。木の実を飾ってもいいですよ。

メニューは描いて、お好みにデコレーションするだけ。みなさんそれぞれ手描きなので、個性が出てかわいかったです。

ホストが楽しむホームパーティは、生活を豊かにする工夫が詰まっている

151224_roomie_soupstock42
151224_roomie_soupstock66

本当にどれもおいしすぎて、夢のような女子力の高いひとときでした

飾り付けをして、みなさんでいただきます。

151224_roomie_soupstock3
151224_roomie_soupstock67

スマートフォンをガラスのコップに入れると、音楽が反響してよく響くんですって。知らなかった……

料理教室自体が初体験の私でしたが、「おいしい教室」は料理のつくり方だけではなく、生活自体をもっと豊かにするアドバイスをしていただけるのがおもしろいところと知りました。パーティの朝には息抜きのお散歩をして、家ではいろいろな楽しみ方ができるハーブを育てて……。すてきライフが送れそうです。

そして、自宅パーティを気負っていた私ですが、自分が楽しめるメニューを考えたり、ワインを呑みながら進めるなど、ホストは楽しんでいい、ラクしていいことも、よく分かりました。

151224_roomie_soupstock41

Soup Stock Tokyoオリジナルの限定生産ワイン(非売品)がおいしすぎて、詳しく聞いているところ

Soup Stock Tokyoの店舗では、通常お客様への接客は数十秒ですが、もっと関わりを持ちたい! という思いではじまったこの教室。そのとおり、お料理がじょうずでだいすきなスタッフの方とたくさんおしゃべりをして、お酒を呑んで、楽しむことができました。

食べることの楽しさを、改めて見つめなおせる機会になる「おいしい教室」。次回の教室はすでに定員いっぱいのようですが、今後も随時開催されるので、チェックしてみてくださいね。

おいしい教室Soup Stock Tokyo

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense