クリスマスのスイーツといったら、シュトーレン(ドイツではシュトレンとも呼ばれています)。通常のシュトーレンは最低でも1週間ほど寝かせるなど、手間も時間もかかるお菓子ですが、マグカップを使って手軽につくれるレシピを見つけました。

しかも、このレシピは簡単につくれてすぐに食べられるのが特徴。また、本来のレシピはアルコールを使うのですが、このレシピはリンゴもしくはぶどうジュースを使うので、小さな子どもも食べやすい味です。

「マグカップ・シュトーレン(クランベリー入り)」

【 材料(6個分)】
・耐熱用マグカップ(300ml)…6個
・小麦粉…425g
・卵…1個
・バターもしくはマーガリン…125g
・砂糖…75g
・塩…ひとつまみ
・ドライイースト…1パック
・ドライフルーツ(クランベリー、オレンジピーリング)…それぞれ100gずつ
・細切りアーモンド…50g
・スパイス(カルダモン、シナモン)…お好みで
・リンゴジュース、もしくはぶどうジュース(白)…大さじ4
・牛乳…200ml

◎仕上げ用
・バター…50g
・砂糖…大さじ1(通常の砂糖でも、粉砂糖でもOK)

【作り方】
1.ボールのなかにドライフルーツとスパイスを混ぜ合わせ、リンゴジュース、もしくはぶどうジュースと一緒によく漬け込んでおく(一晩置くとなお良し)。好みに合わせ、レーズンでも代用可。アルコールが好きな人は、ジュースの変わりにラム酒で。→動画1:08あたり。

2.小さな鍋に牛乳を温め、中にバター入れ溶かし、粗熱を取っておく。→動画1:31あたり。

3.ボールの中に小麦粉、ドライイースト、砂糖、塩、卵を入れ、【2】のバターを加えてよく混ぜる。5分ほどハンドミキサーでこねていると、生地がよくまとまってくる。→動画1:40あたり。

4.ジュース(もしくはアルコール)に漬けておいたドライフルーツをざるにあげ、水分をよく切ったのち(水分をよく切らないと、のちに生地がベトベトに なる)先ほどの【3】の生地に入れる。細切りアーモンドも加え、注意しながらこねてまとめる(たくさんこねすぎない)→動画2:15あたり。

5.ベンチタイム。生地の表面が乾燥しないよう、乾いた布をかけ、暖かい場所に置き発酵、約30分ほど待つ。→動画2:43あたり。

6.ベンチタイムの間、オーブンを180度に温めておく。マグカップに溶かしバターを刷毛で塗って準備しておく。→動画2:52あたり。

7.小麦粉を打った台の上に生地を取り出し、一通り優しくこねる。生地を6等分したら、丸くまとめ、マグカップの中へ。→動画3:02あたり

8.マグカップの上から乾いた布をかぶせ、30分ほど、二度目のベンチタイム。→動画3:33あたり。

9.オーブンの中へ入れ、35分ほど焼く。→動画3:40あたり。

10.オーブンからマグカップを取り出したらすぐ、あらかじめ用意しておいたバター(溶かしバター)を刷毛で良く塗り、しみこませる。その上から砂糖を振りかけ、粗熱を取ったらできあがり。→動画3:48あたり。

レーズンやクランベリーが好きではない人には、オレンジピールやチョコチップを入れるなどアレンジに応用が効くのがいいところ。また、粉砂糖の代わりにホワイトチョコでコーティングしてもおいしそうですね。

かわいいカップで焼きあげれば、誰かにプレゼントしたくなります。今年のホームパーティでは、こんな手づくりスイーツを出してみるのはいかがでしょうか。

Ranking