151219_EC_ferrolic

SHARE

下からポコッと生まれた何かが、生き物のように動いて時間を告げる。とても神秘的で芸術作品と言っても過言ではないコチラの時計は、その名も「Ferrolic」。デザイナーでありエンジニアでもあるZelf Kolemanさんが製作しました。

151219_ferrolic

151219_ferrolic2

何度動画を見ても、意思を持った生物が動き回っているようにしか思えません。しかし、その正体は「磁性流体」という不思議な液体だったんです。

151219_ferrolic3

磁性流体とは、磁力に反応する液体のこと。鉄などと同じように磁石に強い反応を示しながらも、液体の形を留め続けるという性質を持っています。

151219_ferrolic4

Zelf KolemanさんはFerrolic製作のきっかけについて、次のように話しています。

数年前、瓶のなかで幻想的にうごめく“流体”を見たとき、すぐに惚れちゃってね。磁石を使えばその形や動きをコントロールできるんだよ。磁性流体の動きはまさに“生命体”そのものだった。そして、その“生命体”を自由に生かしながら、かつ機能的なものにしようと思い立ったんだ。1年ほどの研究と開発を重ねてできたのが「Ferrolic」だった、というわけさ。

151219_ferrolic5

151219_ferrolic6

プロトタイプはできていますが、さらなる美しさに向け現在も開発が続いているとのことです。

[Ferrolic]

151219_EC_ferrolic

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense