SHARE

斜めです。見るからに斜めです。見れば見るほど、違和感というかなんというか、視覚を通して三半規管がおかしくなりそう……。

151215dizzy01

スウェーデンの家具デザイン・制作ファームKARL ANDERSSON&SÖNER による「DIZZY」は、円形のテーブルトップと斜めに傾いたスチールの脚からなり、そこにあるだけで重力の方向がわからなくなるような錯覚を起こしてしまう、とってもユニークなサイドテーブルです。

151215dizzy02

トレイとしても使えるテーブルトップは、スチールのフレームに載せた時にちょうど面が水平になって、置くものが安定する仕様になっています。でも真横から見るとテーブル全体が斜めになっているので、部屋の水平がわからなくなってきそう。

151215dizzy03

つい、テーブルの脚の傾きに合わせて自分の体も斜めにしたくなってきます。それぐらい視覚的に影響力があるんじゃないでしょうか、これ。

DIZZY [KARL ANDERSSON & SÖNER]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense