SHARE

家のインテリアって、実は建物に使う素材選びから始まるんだって、気づかされました。

151211kotesashi01

タトデザインによる、バラエティに富んだ素材を利用した「KOTESASHI HOUSE」。オンリーワンを実現した、ふたり暮らしのための住居兼アトリエです。

随所に「座れる場所」をつくり、それぞれの空間をお気に入りのもので満たした、バリエーションが楽しめる家なんです。

151211kotesashi02

床は無垢材、壁は足場板の古材を使い、カウンターはコンクリートブロックを利用。とにかく、素材の使い方のアイディアが満載。

151211kotesashi03

気に入っているものを全部つめ込んで、どの部屋でものんびりと座って、自分だけの空間に浸れる……。

設計段階では、元からあるモノとの相性を重視しつつ、「自分の居場所」がたくさんある家を実現していったそうです。

151211kotesashi04

ワークスペースは、モルタルの上に左官材を塗った床。制作がはかどりそう。

壁はコンクリートブロックと、特注の黒皮スチール格子窓で、空気や気配が他の部屋へ伝わるようになっています。自由な感じがいい!

151211kotesashi05
151211kotesashi06

寝室は、ルーバー開閉式折戸で独立空間にもなっちゃう。その前スペースは土間で、どんなふうにこの空間を使おうか妄想が膨らみそう……。

151211kotesashi07
151211kotesashi08

玄関やトイレ、洗面台周りには、壁紙、タイル、オーク材を使用。

どの部屋を見ても、バラエティとオリジナリティに富んでいます。見ているだけでたのしくなってきちゃう家ですね。

KOTESASHI HOUSE(小手指の家) by TATO DESIGN:タトデザイン [homify]
小手指の家[タトデザイン]

 

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense