森の中に建つ家や、海辺に建つ家。そんな魅力的な土地に住み、家のどこにいても周辺の環境を楽しめたら、すてきですよね。でも4面ガラス張りの大空間で外がよく見える、みたいなのはプライバシーも心配だし、だだっ広すぎてつまらないかも…。

隠すところはきちんと隠すことで、むしろ「外との繋がりをより強く感じられる」家が、インテリア・建築のプラットフォーム「homify」で紹介されていました。

151215_roomie_kohunaki2

ALTS DESIGN OFFICEによる「Kofunaki House」には、プライバシー上必要最低限の壁しかありません。ここで「あぁ、単なる大空間か」みたいに思うのは、ちょっとお待ちを。

広い空間を、必要に応じてゆるく区切るのが、「Kofunaki House」の特徴。その手段は、壁ではなくカーテンなんです。

151215_roomie_kohunaki3
151211-kohunekihouse2

各部屋はもちろん、吹き抜け部分も仕切ることが可能です。仕切るのは、写真のとおり半透明のカーテン。

ゆるやかに区切っているから、向こうの部屋にいる人の気配がなんとなく分かるんです。カーテンの向こう側の自然も、少し感じられます。

151215_roomie_kohunaki4

床は、土間、フローリングの他に、砂利が敷き詰められ木が植わったスペースも。いろいろな素材感が楽しいし、大空間のお部屋がすごく多様に見えるんですね。

また、空間のあちこちに大きさの異なる窓があり、外ともなんとなく繋がっているような、意図的な仕掛けが感じられます。

151215_roomie_kohunaki

環境をテーマに開発した「小船木エコ村」に建つ家なんですって。それなら、より周辺の環境を楽しみたいですよね。

意図的に区切ったり、切り取ったりしてゆるやかに外と、家族と繋がる。こういった繋がり方ができるなら、大空間を取り入れたいと思いませんか?

ALTS DESIGN OFFICEの他の作品も見たい方は、こちらからどうぞ。

Kofunaki Househomify

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense