一見、なんてことない四角い「板」です。でも料理好きの方なら、このプレートが、いかに優秀なテーブルウェアなのか、分かるのではないでしょうか。

151209_woodplate03Pint! 楢の木のプレート(S) 3,240円 (threetone)

「私のことかまわず、どうかお好きに。」

そんな声すら聞こえてきそうなほど、健気に活躍してくれるプレートです。カッティングボードのようにテーブルの主役を目指さず、器と器の隙間にさっと収まり、どんな料理のときも良い仕事をしてくれます。たとえば、前菜やおつまみも、乗せるだけで上品な盛り付けに仕上がります。

151209_woodplate02common マグ イエロー 1,404円 (threetone)

来客時には、お茶菓子にも使えます。シルバーやステンレスのカトラリーと当たってもカチっと音がしないのも良いところ! 乗せるものは、和・洋問いません。

151209_woodplate06Common スープマグ ネイビー 1,404円 (threetone)

サイズが大きいものは、トレイやワンプレートのようにも使えます。ひとりにひとつ、きちんと盛り付けるだけで食事のときに背筋が伸びるような気がしませんか。色のある食器や食材と相性が良いのでおすすめです。

151209_woodplate07

こちらは「3種盛り」という使い方。副菜の彩りを楽しんでみてください。

yui_toast

正方形のプレートは、トーストをのせてても絵になります。

yui_wa2

バランスの良い和食プレート。豆皿をワンポイントするコーディネートもおすすめです。

とてもシンプルなデザインですが、職人さんが一枚一枚丁寧につくられたものなので、素材選び、サイズ、薄さに至るまで、永く使っても大きな反りがでないように計算しつくされています。こちらの長方形のタイプは、山梨県の家具職人である清水 泰さんと、日本のものづくりブランド「Pint!」が共同でつくる楢の木のプレートです。

151209_woodplate04Pint! 楢の木のプレート(L) 4,536円 (threetone)

また正方形のタイプは、岐阜の吉田木工さんのYUITABLEWAREシリーズです。林業を営む中で無駄になる間伐材をリサイクルし、組み合わせることで幾何学のような模様に仕上げています。

素材は杉なのでとても軽く、光にかざすと表面(杉の繊維)がキラキラと光ります。リュックにしのばせて、ピクニックに持っていきたい一枚です。

151209_woodplate01YUI TABLEWEAR杉のスクエアプレート3,240円 (threetone)

食器も定期的にマイブームが訪れますが、木のプレートはいままでに集めたどんな器とも仲良くしてくれます。木は生きている素材なので、経年変化も楽しみのひとつ。シミやキズがつかないわけではありませんが、恐れることなくできるだけ大胆に使ってみて欲しいと思います。そうすると、まるで長く連れ添ったパートナーのように、気の利いた活躍をしてくれるはずです。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense