SHARE



元々お店だった場所を新たに住宅として使うことは、ままある話。でもそのほとんどが全面改築で、以前の面影をまったく残さないようにするのが主流のようです。

スペインのインテリアデザイナーEgue y Setaは、プロジェクト「Bajo comercial convertido en loft(店舗からロフト住宅へ)」で、広さ200m²もあるお店を改築した、ロフト住宅を発表しました。

151208_egueyseta13
151208_egueyseta

最大の特色は、お店のインダストリアルな雰囲気を残しつつ、そこに自然が感じられる空間を大胆に盛り込んだことです。

レンガ調の壁と、ステンレス製の冷蔵庫・棚が調和するキッチン。「キッチン」というより「厨房」と言うほうがしっくりくる感じがします。無骨なシェードランプがいいアクセントになっていますね。

151208_egueyseta14

キッチンからひと続きのリビングは、自然のやわらかさがある空間が広がります。床を低くして目線の高さにズレをつくることで、空間にリズムが生み出されています。

151208_egueyseta12

リビングを抜けると…。

151208_egueyseta2
151208_egueyseta3

なんと、家の中に庭が! 天井と床に無垢材を用いた廊下は、自然豊かな雰囲気になっています。植物の奥にはガラス壁がありますが、その向こう側は……。

151208_egueyseta9
151208_egueyseta7
151208_egueyseta8

寝室に併設された、開放的なトイレ! トイレ=狭い個室というイメージを払拭し、こんな風に自然の息吹が感じられるトイレは、新鮮でいいですね。シンメトリーな配置も斬新! ただ、ふらり同時に使うかどうかと言われると…悩みます。

151208_egueyseta17
151208_egueyseta11

廊下の奥には、別途バスルームも。

151208_egueyseta6
151208_egueyseta5

寝室は、もはや高級ホテルのよう。鹿の剥製とレザーソファは、ワイルドな一面を表しています。

151208_egueyseta4

クローゼットはモダンなデザイン。電球に縁取られた鏡の前で、ひとりファッションショーをやってみたい。

151208_egueyseta16

「インダストリアル」と「ナチュラル」って、こんなにも相性抜群なものなんですね。お店を住宅にリノベーションされる方は、ちょっと注目してみてはいかが?

Bajo comercial convertido en loft (Terrassa) [homify]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense