20151205ECsymmetry

SHARE

2013年4月から、毎日欠かさずに大切なパートナーのために朝食を作り続ける人がいました。

それもただの朝食ではありません。なんと、2人分の朝食が見事なまでに“シンメトリー”になっているのです。

そんな美しく、繊細で鮮やかな朝食を作っているMarkさんとMichaelさんは、毎日の記録として写真に残しています。どの写真もとても芸術的。見ているだけで、あっという間に時間が経ってしまいます。

20151205symmetry1
20151205symmetry2
20151205symmetry5
20151205symmetry6

シンメトリーな朝食を撮影するきっかけはMarkさんとMichaelさんが一緒に暮らすようになったことでした。

このプロジェクトは文化的、デザイン的な美しさを朝食で表現するというもの。また、これらの朝食を作っていると「誰がこんな朝食を作っているんだろう?」という疑問誰もがたどり着きます。

そして彼らはこう答えるのです。

“パートナーを愛する人が、その人と朝食を共にするために”

20151205symmetry7

大切な人のために作られた息をのむほど美しい朝食。芸術的な作品であり、大切な人への“愛情が込められた”温かい朝食ですよね。まさに、パートナーと共に食事をするために作られたといっても過言ではありません。シンメトリーな美しさは、器が二人分あってこそ成り立つのですから。

心が温かくなる芸術のご紹介でした。

Symmetry Breakfast

20151205ECsymmetry

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense