151203ECStumpfToaster

SHARE

トースターなのに反対側が透けて見える!

インダスリアルデザイナーのJames Stumpfさんは、再生可能な材料を使用して、キッチン家電を製作するシリーズを公開しています。その中のひとつがこちら。

151203ECStumpfToaster2

蒸気で曲げた竹の合板とガラストレーとガラスの中に埋め込まれた加熱コイル、タッチスクリーンにより設計されています。加熱コイルには、急速冷却技術も使用されているのだそう。

151203ECStumpfToaster1

今までのトースターのように焼けたパンが飛び出てくる機能はありませんが、その代わりに間口を広くして、簡単にトーストしたパンを取り出せるように開発しました。

竹とガラスは両方とも再生が可能というエコ家電。竹は、地上の植物の中ではとても成長が早く、何十年かかって育つ木よりも使用しやすい循環資源。電化製品は時が経てば、壊れてしまうものもあり、その度に買い替えが必要になるかもしれません。でも、こんな風に地球にやさしい素材が使われているものを使い続けることができれば、不要なゴミを減らすことができるに違いありません。

なお現在は、コンセプトモデルのようなので、製品化される日が待ち遠しいですね。

Bamboo and Glass Toaster Design by James StumpfStumpf Studio

151203ECStumpfToaster

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense