owners_top

SHARE

もし、おうちで手軽に「オーナー」になれるとしたら、何のオーナーになりたいですか?

今回紹介するのは、選りすぐりの農産物のオーナーになれるプラットフォーム、その名も『OWNERS(オーナーズ)』です。

owners_tea

仕組みはシンプルでかんたん。生産者は、独自のオーナー制度プランをサイト上で公開し、利用者は、気に入ったオーナー制度プランに申し込むことで、「オーナー」になることができます。

例えば、「釈迦のりんご農園」のオーナー制度。りんご日本一の青森県の中でも、甘さと酸味のバランスが最高品質と評価されたブランドりんご『葉とらずサンふじ』と『王林』、それに規格外のりんごで作った『特製りんごジュース』が入ったプランが、13,000 円(消費税・全4回分の送料込み)で提供されます。

owners_apple

オーナーの特典として、登録した生産物が届くだけではなく、生産者から発信される近況を確認したり、実際に生産地へ行って収穫を手伝ったりできるものもあるのだそう。

生産物の「オーナー」として、産地とのつながりを感じながら、手元に届くまでのプロセスや、届いた後の感想などのコミュニケーションを楽しむことができます。

他にも、12月1日のリリース時には、農林水産大臣賞など多くの賞に選ばれてきた熊本県相良村の川上製茶による「日本茶」や、業界最年少の蔵元と杜氏で話題となっている埼玉県幸手市の石井酒造 による「日本酒」など、全国の生産者から選りすぐった6つのプランを用意。

『OWNERS』の運営統括責任者の谷川さんは、次のように話します。

これまでも「オーナー制度」を自社のサイト上で公開しているケースはありましたが、 一般の消費者が情報を見つけられなかったり、申込はFAX受付のみだったりと、現代人のライフスタイルにマッチしていないものも多くありました。 『OWNERS』は、申込から決済、生産者とのコミュニケーションまでオンライン上で完結できる初めてのプラットフォーム。こだわりが詰まった生産物を一時的に消費するのではなく、継続的に「所有」するという、新しい形のマッチングを実現していきます。

owners_image

今後は、農産・水産・加工品を中心に、産地ごとの特色あるプランを順次拡充しながら、 地方自治体との連携や生産地の近隣施設を組み合わせたプランを提供していくのだそう!

効率性や価格の安さだけを求めるのではなく、その生産物が持つ「ストーリー」や生産者との「つながり・体験」ができる、これからが楽しみなプラットフォームです。

[OWNERS]

owners_top

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense