151204_EC_build

SHARE


ちょっと変わった素材でできたお家を発見しました。なんとコンクリートを”繊維”でできた型のなかに流し入れ、建物を作るというもの。

建築事務所のOrkidstudioが、カンボジアで手がけている建築です。

20151128house1

繊維を使用した建築のため、耐震性に不安を抱く人もいるかと思います。でも、ご安心ください。

エンジニアによる開発とテストが行われた装置によって、コンクリートの密度や耐久性の厳密なチェックが行われているのだそう。きちんとテストが行われている上に、特殊な素材が用いられた構造なため、たった8週間で建物が作り上げられるようになっています。

20151128house2

この繊維とコンクリートのお家は、The Bomnong L’Or projectによって建てられました。

ただの教育施設としてではなく、地域のコミュニティー活動を広げるための場所としても使える建物になっています。

2-151128house3

建物の構造は少し変わっています。柱を少なくして、子どもたちが空間のなかで目一杯遊べるような仕組みなんです。

子どもたちにとっては、まさに「遊んで学べる」理想の空間。

20151128house4

なんといってもこのプロジェクトのすごいところは、カンボジアのクメール族の女性たちと協力して建物を築き上げているところ。現地の人たちとの交流を大切に、地域において重要な場所を共に作り上げていく試みにワクワクしてしまいます。

新たな素材によって建てられていく、その地域のための特別な家。築き上げられるすべての建物には、特別な思いが込められています。

そんなことに、改めて気づかせてくれるプロジェクトでした。詳しくはこちらから。


Photography by Lindsay Perth

Orkidstudio
Architects Team Up with Khmer Women to Build a Community Centre with Fabric and Concrete[arch daily]

151204_EC_build

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense