SHARE


美しい暮らしをデザインする。

世界41カ国から集まった1,659点の作品の中から、「コクヨデザインアワード2015」のグランプリ1点と優秀賞3点が決定しました。

過去の受賞作品からは少し前に話題になった「なまえのないえのぐ」や「和ごむ」、「カドケシ」や「キャンパスノート パラクルノ」、「Beetle Tip(ビートルティップ)」などのヒット商品も誕生しており、このアワードはデザインという価値を高め、使い手に愛されるモノづくりを支援するという目的のもと、2002年から開催されています。

その年によってテーマが変わり、そのテーマに沿ってデザインされたプロダクトの製品化を目指すコンペティション。

今年のテーマは「美しい暮らし」。

栄えあるグランプリを受賞したのは、あら部(伊藤 実里さん、高橋 杏子さん、室屋 華緒さん、山中 港さん)による「すっきりとした単語帳」。

その名の通り、ブロックのようにすっきり重ねられる単語帳は、リング部分がカードをまとめるバンドとしても機能し、使うときも、片付けたときも美しく暮らしに馴染みます。

151125ECkokuyodesignaward1

そして、優秀賞の中のひとつである「儚く、美しく」は上田美緒さんの作品。

数字が一本の糸で縫われているカレンダー。一日が終わるごとにこの糸を少しずつ引っ張り、数字がほどけていくことで、儚く過ぎてゆく時に日々想いを寄せることができるのだそう。

日々は何気なく過ぎてゆくもの。でも、その中に使いやすいもの、使っていて嬉しくなるもの、美しいものがあれば、さらに豊かな毎日を過ごすことができるのかもしれません。

今後も、コクヨデザインアワードから素敵な作品がきっと生まれる。来年もまた楽しみに。

All photos by ©コクヨ株式会社

コクヨデザインアワード2015

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense