151125ECtext

SHARE



建物が建てられ、重ねてきた時間。それを「築年数」と呼ぶ。

時代の移り変わりと、たくさんの人の生活を眺めてきた長い年月は、本来魅力的なもののはずです。でも、「住まい」の観点で見ると、「築年数」は「新築」の前に色褪せてしまうことがあるのも事実。

その「築年数」が気にならないほど、新と旧がうまく引き立てあうマンションが、インテリア・建築のプラットフォーム「homify」で紹介されています。

151125ECtext1

松島潤平建築設計事務所/JParchitectsが手がけたのは、築40年のヴィンテージマンションのリノベーション、「Text」。

当初、既存仕上げをはがして現れたコンクリートの躯体(建物の構造を支える骨組み)は、肉眼でも水平・垂直が取れていないのが分かるほど、強烈に歪んでいたそうです。

151125ECtext3

リノベーションは通常、下地の厚みでゆがみの帳尻を合わせ、仕上げ材を張り直して体裁を整えます。でも、このゆがみを矯正すると、床・壁・天井が内側にかなりオフセットして狭くなり、多くの容積を失ってしまうという問題が。

そこで、できる限りの広さを確保するアイデアが、躯体をそのままむき出しにすること。これによって、有効容積が約1.15倍に拡張しました。

151125ECtext4
151125ECtext2

そうして生まれた一室空間、ベッドルームの領域をパッキリと白く塗りました。空間にメリハリをつくるだけでなく、バルコニーの窓からいちばん遠い場所に、明るさを生み出しました。

20151130:roomie:text1

ゆがみを覆い隠すのではなく、あえてコンクリートの骨組みや壁をそのまま利用する。それにより部屋が広く使え、荒々しいテクスチャーの躯体が部屋をちょっとワイルドなイメージに。

築40年だけど、新しい。都会だけど、ちょっと野生。ほら、なんだか「築年数」が、魅力的に思えませんか?

Text」by 松島潤平建築設計事務所/JParchitects [homify]

151125ECtext

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense