151105__EC_tea_01

SHARE



白い箱からちょこんと、とんがり頭をのぞかせているアイツ。そう、もみの木です。

このティーバッグは、クロアチアの科学者でありデザイナーでもあるMaja Matasさんによってデザインされました。

クリスマスの風物詩にインスパイアされています。でも、実はひとりじゃ飲めないんです。だってクリスマスは、大切な誰かと一緒に過ごす日ですから。

どういうことなのか? 箱を手にとってみましょうか。箱の上部を持ち上げると、

151105__tea_02
151105__tea_03

クリスマスツリーが出てきました!

151105__tea_04

それぞれのツリーにはふたつのティーバッグがついています。

151105__tea_05
大切なあの人と一緒にピリピリピリと、ツリーをふたつに割ります。

151105__tea_06

お湯を注いでできあがり。

過程を楽しめるのが、もみの木ティーバッグのいいところですね。残念ながら商品化はされていませんが、ちょっと工夫すれば自分で似たものが作れるかも?
Majaのクレバーなデザインをもっと見たい方は下記サイトへどうぞ。

Maja Matas

151105__EC_tea_01

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense