001_01_DSC04298

SHARE

11月25~27日に東京ビッグサイトで開催された「国際見本市インテリア ライフスタイル(IFFT)」。現地へ出張してきたルーミー編集部が、仕入れたての最新のインテリア情報をお届けします。ほか記事はこちらからどうぞ。

出産祝いに、ちょうどいいかも。

赤ちゃんが生まれたら、まず必要になるのがベビーベッド。使う期間はあっという間なのでレンタルで済ます人も多いとか。

でも、赤ちゃんにとっては人生初のマイ・ファニチャー。できることなら思い出に残しておきたい気持ちも…。そんなときは国産ベビーベッドを制作するヤマサキの「つぐシリーズ」がオススメです。

001_02_DSC04301

赤ちゃんの誕生から6ヶ月ごろまでは「ゆりかごベット」として使え、大きくなったら「2脚の椅子(2脚のロッキングチェア)」として使用することができます。

001_03_DSC04303

天然のブナ材を使用し、すべて岡山の自社工場で製造しています。ママの視点で考えれば安全であることはもちろん、赤ちゃんに「安心」できる素材を使っているかどうかも大切なポイント。その点、ヤマサキのベビーベットは安心・安全な接着剤や塗料だけを使用しています。

さわり心地の良さは文句なし。やさしい木の色がどんなインテリアにもマッチしてくれそうです。

組み立ての様子はこんな感じ。

151126_002
151126_001

生まれたときから同じ家具をずっと使うなんて、ちょっとロマンがあります。修理しながら、いつまでも使い続けたくなりますね。

公式HPはコチラから。

[yamasaki]

IFFT2015関連記事はこちらから。

001_01_DSC04298

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense