20151126roomie_roneljordaan_3

SHARE


東京ビッグサイトで開催中の「国際見本市インテリア ライフスタイル(IFFT)」。きょうはルーミー編集部がまるごと東京ビッグサイトへ出張し、現地からリアルタイムで情報をお届けします。IFFT2015の記事はこちらからどうぞ。

インテリアの見本市に、岩!? こんな大きな岩が、一体なぜインテリアなんだ…。

と思いきや、これ全部フェルト製のクッションなんです。

20151126roomie_roneljordaan_2

5年はいけます、の顔

こちら、南アフリカで活動するRonel Jordaanさんのプロジェクト。

ぷにっぷにの感触にするために中に詰めているモノや、表面のフェルトを継ぎ目なく仕上げるテクニックは、企業秘密だそう。

本物の岩と見間違うほど、なめらかで美しい表面ですが、「キチンとした手順を知っている職人にとっては、別に難しいことではなく、むしろシンプルな手順なの。そこに大きな意味があるのよ。」とRonélさんは語ります。

20151126roomie_roneljordaan_1

Ronélさん、とっても優しい方でした

というのも、ご存知の方も少なくないと思いますが、アフリカには1日$1.25以下で生活する、極度の貧困に苦しむ人々がたくさんいます。まだまだ男性社会のアフリカでは、シングルマザーや、両親を失った子どもたちが生きていく術は多くありません。

このプロジェクトでは、そんな女性や子どもたちにシンプルなテクニックを教え、そのまま職人として雇うことで、彼女らの自立を支援しているそうなんです。

20151126roomie_roneljordaan_6
20151126roomie_roneljordaan_7

無機質で大きな岩の見た目とは対照的に、やわらかい質感や、プロジェクトに込められた想いが、とても印象的でした。

現在、日本での取り扱い先を探しているそうなので、気になった方はぜひ。

Ronél Jordaan

IFFT2015関連記事はこちらから。

20151126roomie_roneljordaan_3

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense