東京ビッグサイトで開催中の「国際見本市インテリア ライフスタイル(IFFT)」。きょうはルーミー編集部がまるごと東京ビッグサイトへ出張し、現地からリアルタイムで情報をお届けします。IFFT2015の記事はこちらからどうぞ。

ああ、大変、木がこんがらがっちゃってる。

ご安心を。

SONY DSC

こちらは今年の国際見本市インテリアライフスタイル(IFFT)に出展している松創さんで見つけた、JIN KURAMOTO STUDIOデザインによるコート掛け。まるで森からそのままやってきたような、“木”感たっぷりのデザインが目を引きます。

SONY DSC

広島で古くから家具の産地として知られる府中家具…これまでに培った歴史的な職人技に、現代の新しい発想や解釈を表現するために生まれた、松創さんの新しいブランド、「MATSUSO T」のものなんです。

なんといってもナチュラルな風合いが魅力です。

SONY DSC

そしてこちらもJIN KURAMOTO STUDIOデザインによる「MATSUSO T」ブランドのチェア。「曲木ではなく接ぎ木で作ってある」そうです。

SONY DSC

デザイナーが3Dデータで形を作った後、椅子としての強度を高めるため、ああだこうだと接ぎ木部分を話し合い、制作されたそうです。

滑らかな座面にゆるりとした背もたれ…なんて丁寧な作りなんでしょう。一度はこんな椅子を自分のものにしたい、そう思える逸品です。

SONY DSC

こちらはクラーソン・コイヴィスト・ルーネのデザインによる五角形のテーブルセット。真正面で目線が合わないのが居心地の良さを生むポイントですね。

「MATSUSO T」ブランドではこのほかにもJIN KURAMOTOによるMolly、SallyといったシリーズやCLAESSON KOIVISTO RUNEデザインによるWaferなど木って素敵!と思わせるような作品がそろっています。“木”になる方は、ぜひご覧ください。

MATSUSO T[松創]

IFFT2015関連記事はこちらから。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense