151125_roomie_moff1

SHARE



「古い雑居ビル」に住む。

みなさんは、どんな印象を受けますか? そこに住んでみたいと思いますか?

「古い雑居ビル」の認識を覆す、とても素敵なリノベーションが、インテリア・建築のプラットフォーム「homify」で紹介されていました。

151125_roomie_moff2

愛媛県宇和島市にある雑居ビルのワンフロア。さまざまな業種のお店、住まいが入り混じるビルに、現代的な空間がつくりだされています。デザインは株式会社MuFFによるもの。

雑居ビルを「住まい」にするために、空間を大きく変えました。

コンクリートでできたがらんどうのフロアに、クランクしたヒョウタン型のスペースを挿入し、3分割しました。ヒョウタンが「壁」になり、空間に変化をつくり出しています。

151125_roomie_moff3

開放感のある高い天井は、元々の天井部分を取り除き、天井スラブを現しにしています。白い壁と対照的な色がかっこいいです。

151125_roomie_moff4

床はコンクリートで土間のような印象ですが、ヒョウタンスペースの床は木が張ってあります。床の高さが一段上がっていて、空間に変化が生まれていますね。

151125_roomie_moff5

ヒョウタンの壁には不規則に開口部が設けられており、家族が距離を保ちながらも、お互いの姿を確認することができます。

雑居ビルは無機質なイメージがありますが、その無機質のよさを残しつつ、木のぬくもりや白い壁の清潔感、そして「ヒョウタン」が、変化のある心地よい住環境をつくっています。

家族の繋がりが感じられる広々した空間は、ゆったり過ごすことができそうです。ね、「古い雑居ビル」の印象が変わったでしょう。

ヒョウタン」株式会社MuFF[homify]

151125_roomie_moff1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense