SHARE



「個性的な家」というと、外観の個性を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。変わった外観、色など、そこに個性を見つけやすいもの。でも、家の中にもこだわりがあってこそ、本物の「個性的な家」といえるのかもしれません。

インテリア・建築のプラットフォーム「homify」では、多彩でこだわりのある「家の空間」が紹介されています。

151124ECfukinuke2

ALTS DESIGNOFFICEによる、京都の街に建つ家。両脇に隣家が迫る、ウナギの寝床のような土地に建っています。

三角屋根がかわいく、外壁は白色。木造2階建てで、外観はいたってシンプルです。

151124ECfukinuke3

家の中心に、家族が集まるダイニング空間があります。両脇から光が入りづらいため、解決策としてここを吹き抜けとしました。2階に射し込む光を、1階に引き込むつくりなんです。

151124ECfukinuke4

ウナギの寝床、だけど、明るい。

151124ECfukinuke5

もうひとつの大きな特徴は、建主さんの要望で、多くの自然素材が使われていること。木の色、質感がよい味を出しています。素材と、その使い方を工夫することで、空間の表情が変わるんですね。

そして、三角と四角を組み合わせた家型のような、大小さまざまな開口部があちこちに! かわいらしい印象とともに、目線の抜けや、光をもたらしてくれます。

日本の住宅事情では、両脇に隣家が迫っている土地も多くあります。こんなアイデアを取り入れれば、太陽の光で明るいおうちがつくれるんですね。

太陽の光と味わいのある木が、あたたかく落ち着きのある空間をつくりだすんだなぁ。

Hazukashi House」by ALTS DESIGNOFFICE [homify]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense