SHARE

この見るからにUFOライクなこの建築物、今から50年近くも前に造られたんです。

151115futuro01

1968年にフィンランドの建築家Matti Suoronnenさんによってデザインされた「FUTURO House」が、2015年に復元家のCraig Barnesさんによってロンドンの芸術大学CENTRAL SAINT MARTINSの屋上に復元されたのだそうです。

151115futuro03
151115futuro02

美しく輝く外観はラウンド型でなめらかな仕上がり。内装は白を基調とし、複数の人が集まって授業や会議ができるような仕様となっています。丸いって外観と白いっていう内装が、ものすごく未来感を演出しています。

151115futuro04

大学の屋上に突然現れた宇宙からの来訪者。超未来的なデザインが、学生や教授、働くスタッフさんたちの想像力を刺激して、新たなクリエイションが生まれてきそうな、そんな予感がします。

151115futuro05

こんな斬新なデザインが60年代に考え出されたなんて凄いですよね。こうして復元されて訪問者を歓迎するとともに、未来を作る学生たちを見守っているんです。

FUTURO [FUTURO]
The Futuro House has landed on a London rooftop [via contemporist]
photo by John Sturrock

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense