今年も残すところ、あと1ヶ月と少し。

来年は西暦2016年、平成28年で、さる年ですね。ちょっと気が早いですが、新しい年を迎える準備をしませんか。

151113_newyear

Image by Getty Images

簡単にメールやSNSでご挨拶できる今日この頃。なかなかお年賀の挨拶にお邪魔するという機会も減っているかもしれません。

だからこそ大切な誰かにちょっとした気持ちを贈ってはいかがでしょう。

昔からちょっと改まったときに贈るものといえば「タオル」。

151112ECfuwafuwaonenga2

初夢〈白〉

現在の大阪府泉佐野市を中心に江戸時代から発展してきた綿織物の産地である泉州は、一大タオルの生産地です。

織ったあとに糸の糊や油分、汚れを洗い落とす“後晒(あとざらし)加工”により、吸水性が高くて肌触りがよいという「泉州タオル」。そこに京都の刺繍がほどこされたのが、美しい刺繍のワッペンが人気の“京東都”による「縁起物フェイスタオル」です。

151112ECfuwafuwaonenga5

鶴亀松〈白〉

151112ECfuwafuwaonenga4

七福神〈白〉

151112ECfuwafuwaonenga3

三番叟(さんばそう)〈赤〉

151112ECfuwafuwaonenga1

鏡餅〈白〉

確かな伝統と技によりつくられた良質な贈り物。かわいらしいデザインは、見ているだけでもホッと心が和みます。

2016年の幕開けは、ふわふわなやさしさをあの人に。購入はこちらから。

ふわふわお年賀 / 縁起物フェイスタオル[密買東京]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense