林 美由紀

林 美由紀

729


海外では、長期休みや週末にはキャンピングカーやちょっと大きなトレイラーに乗って、海や山、湖などで過ごす人も少なくはないかもしれません。

とはいえ、車という小さな空間の中で、ベッドや調理スペースを確保するので、おうちのように心地よく過ごせるわけではありませんよね。

もちろん、それがキャンプや旅の醍醐味でもあるのですが。

でも、もしかしたら、もっと快適でもいいのかもしれない。

151111ECDe-Markies6
151111ECDe-Markies3

建築事務所Böhtlingk所属のオランダ人デザイナーEduard Bohtlingkさんがデザインしたのが「De Markies」という名のトレイラー。

トレイラー本体の両脇が、まるでアコーディオンのように広がることによって、空間が3倍にも広がります。

151111ECDe-Markies5

本体(中央)には、簡易キッチンと4人用のテーブルと椅子が備わっています。

151111ECDe-Markies7

星空の下で眠りたいときには幌(ほろ)を開けて。

151111ECDe-Markies1

もちろん、幌を閉めて眠ることもできます。

151111ECDe-Markies4

ソファが置かれた、ゆったりとしたラウンジスペースは、透明の幌を開ければ屋外に、閉めても外の景色を楽しむことができるようになっています。

旅先でも、心地よさを追求し、満喫して楽しむ。

ほら、ぼくらの冒険はグッと広がっていくんだ。

Incredible De Markies trailer folds out to triple its size with adjustable awnings [inhabitat]
De Markies[Böhtlingk]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking