気温もぐっと下がり、街の街路樹も冬支度をはじめた今日この頃。そろそろ、雪の便りが世界中から聞こえてくる頃かもしれません。

そして、カナダのカルガリーで撮影されたこんな動画が話題になっていました。

フォトグラファーのChris Ratzlaffさんは、シャボン玉が凍っていく姿を撮影し公開しています。

マイナス25度の中で、シャボン玉をストローで拭くと、見る見るうちに表面に繊細な結晶ができ、凍っていきます。

151110ECFrozenbubble1
151110ECFrozenbubble2
151110ECFrozenbubble3
151110ECFrozenbubble4

Chrisさんによると通常のシャボン液だと壊れやすいので、独自のレシピを開発したのだそう。

この撮影に使われたシャボン液のレシピは、200ミリリットルのお湯、35ミリリットルのコーンシロップ、35ミリリットルの食器用洗剤、大さじ2杯の砂糖をかきまぜて、冷蔵庫で冷やしたものなんですって。

日本ではなかなかマイナス25度の中で実験することはできませんが、シャボン玉はこんな風に凍っていくのですね。

ChrisさんのFacebookでは、美しい画像も公開されています。

自然の中でこんな光景を目の当たりにすることができたら、このまま時間が止まっていてほしいと思ってしまいそうです。

frozen bubbles in calgary [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense