お年玉やご祝儀、心づけ。ぽち袋は、かしこまった時に使うものかもしれません。

でも、日常の中で、もっと気軽にポチ袋を使ってほしい。

広告・SPなどのデザイン制作を手がける、株式会社テイ・デイ・エスのクリエイターによって発足したブランド「リプラグ」から、イラストで気持ちを表現したぽち袋「HANDLINK」が誕生しました。

その名の通り、ぽち袋には人の手が描かれており、デザインは「heart」「star」「rock」「money」の4種類。

手と手をつなげて作る形で、楽しい、ありがとうの気持ちを伝えることができそうです。

151106ECpochi2

決まったことばが書かれていないので、絵に色をつけたり、コメントを添えれば、オリジナルのぽち袋が作れます。「借りたお金返すね!」「ライブのチケット代だよ」など、改まった場面じゃなくても、お金や手紙のやり取りをちょっと楽しくしてくれますね。

裏面のフタが長めに設計されていて、糊付けしなくても、差し込むだけでOKなのも便利です。

心遣いをユーモアで。老若男女、誰にでも使えるぽち袋で!

HANDLINK [リプラグ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense