「しあわせバナナ」は、有機肥料や農薬の厳しい使用制限が徹底されて作られている高級バナナ。

フィリピンのミンダナオ島にある標高1,000m以上の農園で栽培され、その味わいはベルギーの優秀味覚賞で、バナナとしては初の2つ星を受賞しているといいます。

そんな大切なバナナをどんなパッケージでみんなに届けたらいいだろう。

パッケージデザインを担当したのは、佐藤オオキさんが設立し、世界でも評価が高いデザインオフィス「nendo」。

150723ECshiawasebanana
150723ECshiawasebanana1

高級品だからといって、豪華なパッケージに入れるのは環境に配慮したバナナにふさわしくない。その思いから生み出されたアイデアが、バナナの表面にシールを貼るというもの。

150723ECshiawasebanana2

シールは2層になっていて、1枚目はバナナの皮の質感や色を再現し、キズやシミも加えてリアルに。

シールは一部がめくれていて、はがすと、バナナの果肉の画像を背景に、思わず読みたくなるようなストーリーが現れます。

150723ECshiawasebanana6
150723ECshiawasebanana4

持ち帰り用の手提げ袋は、持ち手のひもを外すと袋からバナナが取り出せるようになっていて、袋を広げると大きな「バナナの葉」の形をした1枚の紙でできていることがわかります。

手塩にかけて育てた、大切なバナナ。だからこそ、親しみやすく、しかも楽しいパッケージにする。

何重もの発見や驚きは、きっとみんなを幸せにしてくれるに違いありません。

しあわせバナナ [nendo]

Photographed by Akihiro Yoshida

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense