151104_EC_beer

SHARE


ノルウェーという国にあまり馴染みのないみなさまでも、「物価が高い」ってウワサは耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

そう、その通り! すべてのものが、スーパーお高いのです。特にお酒の価格となれば、悲鳴をあげてしまうほどのウルトラ級の高さ!

でもお酒に強いノルウェー人、そんなことではめげません。なんと、自力でせっせとビールをつくっちゃうのです。

151103_beer A

厳しい寒さのなか、おうちで過ごす時間が多い北欧の暮らし。ビール造りは、イエナカでの楽しい趣味のひとつとして人気です。

ビール造りの肝となるのは、「おいしい水」「温度管理」「消毒」。

美しい自然に囲まれているノルウェーは、水道水が驚くほどおいしく、さらにほとんどの家に地下室がついているので、お酒造りに最適です。

材料選びから発酵まで、すべて自分でやり遂げます。

151103_beer1

まずは、麦芽やホップをお買い物。ビターテイストからフルーティーなお味まで、材料選び次第で自分好みに何通りでも変えられちゃうのも、研究心をくすぐるところ。

材料を揃えたら、使用する器具やボトルをすべて消毒します。

151103_beer2

クーラーボックスに66℃のお湯を注ぎ、モルツ(麦芽)を入れます。このモルツは糖分を含んでいて、部屋中が香ばしいあまーい香りに包まれます。

1時間後、ザルを使用して液体を取り出し、鍋に入れて吹きこぼれないように沸騰させます。このとき、ホップも投入します。

151103_beer3

さらに1時間ほどしたら、専用のパイプを使って鍋の中を20℃まで冷まし、糖度を測りイーストを加えます。

このイーストがパクパクと糖分を食べ、アルコールを生み出してくれるのです。

151103_beer4

2週間ほど地下室で寝かせたら、いよいよビン詰めです。

ipp

仕上げのボトルのキャップ閉めも忘れずに。こんなマシンを使ってグイグイと閉めていきます。

151103_beer6

一度に15リットルと、かなりの量をつくるので、キッチンは散らかり放題です。

それでもとっておきのビールが仕上がったら友人を招き、ワイワイ自慢しあうのがノルウェー流「至福のとき」なんです。

残念ながら、日本では酒税法の関係で個人では醸造できませんが、ノルウェーに足を運んだ際は、自家製ビールにお出迎えしてもらいましょう。

151104_beer1

それではみなさん、ノルウェー語で乾杯しましょう。スコール!



Top/Last Image by Getty Images

151104_EC_beer

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense