1501102hungary_eyecatch

SHARE

ギズモード・ジャパンより転載:フォアグラやパプリカが有名な国ハンガリー。

そんなハンガリーの最も奇妙な場所の一つ、それはティサ川沿いのGergelyiugornya村にあります。曲がりくねったティサ川に囲まれるようにして存在する、比較的狭く木が生い茂った洪水調節池に、個性的すぎる小さな別荘やサマーコテージがたくさん建っています。

湿った地面からグロテスクな建物が生えているかのような、ちょっと変わったこの地域。建物が建つ間隔は狭く、休暇にここを訪れる人たち(主に若者たち)は隣の建物から流れてくる曲も聞こえちゃうくらいです。

ほとんどのコテージが建てられたのは80年代、ハンガリーが社会主義の「ハンガリー人民共和国」だった時代には、狭い土地に自ら家を建てることが許されていました。

150819hungary2

1501102hungary

150819hungary42

150819hungary41

150819hungary39

150819hungary38

150819hungary37

150819hungary36

150819hungary35

150819hungary34

150819hungary33

150819hungary32

150819hungary31

150819hungary30

150819hungary29

150819hungary28

150819hungary27

150819hungary26

150819hungary25

150819hungary24

150819hungary23

150819hungary22

150819hungary21

150819hungary20

150819hungary19

150819hungary18

150819hungary17

150819hungary16

150819hungary15

150819hungary14

150819hungary13

150819hungary12

150819hungary11

150819hungary10

150819hungary8

150819hungary7

150819hungary6

150819hungary5

150819hungary4

150819hungary3

当時の人々はそう豊かな生活を送っていたわけではなく、そのため、設計デザインや安価な建築資材を考え出すのに使われたのは彼ら自身の持つ豊かな想像力でした。

松の板、ファイバーボード、コンテナシート、スレート、波板、コンクリート、線路用の釘など、ちょっと他では見ないものも建築に使われているんです。それらを使って生み出されたのが、このユニークすぎる森の中の村、訪れるものを笑わせ、驚かせてくれる川辺の奇妙な郊外です。

Photo: Attila Nagy / Gizmodo

Attila Nagy – Gizmodo US[原文
(abcxyz)

1501102hungary_eyecatch

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense