SHARE


ハーブについてどんなイメージがありますか?

「なんか体に良さそう」「香りで心が安らぐ」、反対に「種類がたくさんでよく分からない」「強すぎる香りが苦手」…なんて意見があるのではないでしょうか。

151002herb1_01

ハーブは、深く知って上手く使えば、暮らしをより豊かにできるアイテムです。

ハーブ初心者の私(大坪)が、和歌山県でハーブを栽培しながら、カフェ「HERB+CAFE」を営んでいる河野さんに、ハーブの知識とお家でもできるレシピを伺ってきました。

151002herb1_02

河野芳寛さん
空間デザイナー、ハーブコーディネーター。実家を2年かけてセルフビルドし「HERB+CAFE」をオープン。お店では自家栽培している約50種類のハーブからセレクトしたこだわりのカフェメニューが楽しめる。

151002herb1_03

今回のハーブ「カモミール(GERMAN CHAMOMILE)」

151002herb1_04

── カモミールはどんなハーブですか?

キク科の1種で語源は「大地のリンゴ」と言われるようにリンゴのような香りで、甘くやさしい味で飲みやすく、気分を落ち着かせてくれるハーブです。

151002herb1_05

健胃作用に優れ、胃腸の調子を整える効果があり、吐き気、食べすぎに役立つので、食欲の秋にはピッタリです。

また、ストレスや不安、不眠にも有効で、気分をリラックスさせる効果が期待できます。おやすみ前など、寝つきが悪いときに飲むのもオススメです。

151002herb1_5.5

── 丸く黄色い花がかわいいですね。ハーブって勝手なイメージで葉っぱのみだと思っていました。リンゴのような香りなら匂いが苦手って方でも楽しめそうですね。

今回は、お店でも出している「CHAMOMILE CINNAMON CHAI(カモミール シナモン チャイ)」の作り方をご紹介します。カモミールをお家でも楽しめますよ。

151002herb1_06

『CHAMOMILE CINNAMON CHAI』の作り方

1. 小鍋にお湯200mlに対して茶葉(カモミール・アッサム・シナモン)大さじ2を加えて約3分ほど煮詰める

2. 牛乳を200mlと砂糖(甘さはお好みで)大さじ3を加え、さらに3分弱火で混ぜながらさらに煮詰める

3. 沸騰したら漉してカップに注いでできあがり

*お好みで他のスパイスを加えてアレンジしてみてください

151002herb1_07

さらにお店では今回紹介した「カモミール」に「レモングラス」「アップルミント」「オレンジピール」を加えたブレンドティー(BLEND ONE)を販売中。

151002herb1_08

ご購入はFacebookページか文末のメールアドレスから購入できます。最後にブレンドティーのおいしい入れ方もご紹介します。

151002herb1_09

『ブレンドティーのおいしい入れ方』

1. ポット・カップを温めておく

2. ブレンドが均一になるようよくかき混ぜておく

3. カップ1杯分のお湯に対して大さじ1の茶葉を目安に(カップ2杯分なら大さじ2)ポットに入れる

4. お湯を注ぐ

5. 3分蒸らしたあとカップに注ぎ、お好みで砂糖やハチミツを加えてできあがり

151002herb1_10

これからの時期、BLEND ONEにジンジャーや炭酸を加えてアレンジするのもオススメです。

今回はここまで。さてさて次回はどんなハーブが出てくるのか。どうぞお楽しみに!

HERB+
ショップメールアドレス:herbpurasu@gmail.com
Tumblrはこちら
Facebookはこちら

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense